私の幻想はホントにあった

COLK

1.魔法はあるの!!!

ここは、日本の東京・新宿。




「澤野ミリカ」という、
父親が日本人、母親がイギリス人のハーフの
中学1年生の少女がいた。




今日は、7月15日(金)。




昼休憩のチャイムが鳴る。




〝キーンコーンカーンコーン〟




「いただきま~す!」




「だから!魔法はあるんだって!!」




ミリカが友達の「園田聖子」に言った。




「はい。分かった分かった」
「もう!信じてないな~!!」
「いや、ミリカ、もう中学生よ。良い加減、
現実とフィクションの違いぐらい解らないの?」
「そういう聖子こそ、
何で〝現実世界に魔法がない〟って説明出来るの?」
「いや、だって、あんたも、小学生の頃から
理科の授業で〝物理の法則〟を教わってるでしょ?」
「そうだけど・・・でも、聖子だって、
その〝物理の法則〟が何であるのか解らないでしょ?」




「う~ん・・・・・・」
「じゃあ、〝物理の法則〟があるのは当たり前じゃないし、
〝魔法〟も、〝絶対ない〟とは言いきれないじゃない!!!」
「・・・・・・そうだけど、でも、何でそんなに魔法を信じたいの?」
「そりゃ、だって、便利だし、何より、凄く夢があるじゃん?!」




「ん~・・・確かに、夢はあるけど、
そこまで〝どうしてもあって欲しい〟とまでは思わないし、
便利かもしれないけど、私達の生活には、機械があるから、
それで充分、不自由はしないかな~?」
「・・・・・・」



「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く