私の幻想はホントにあった

COLK

2.帰り道の会話

そして、昼休憩が終わり、
5時間目や6時間目も終わった。




ホームルームが始まった。




「え~、夏休みまで、あと約1週間ですが、
皆さん、最後まで気を抜かないで頑張ってください。
夏休みが近いですが、
今日は、特に、これといって、言う事はありません」




〝キーンコーンカーンコーン〟




聖子がミリカに声をかけてきた。




「ねぇ、ミリカ、一緒に帰ろう」
「うん」




帰り道で・・・・・・




「ねぇ、ミリカ、もうすぐ夏休みだね」
「うん。そうだね」
「アレ?何か、楽しみじゃなさそう」
「そう?ミリカは、何かやりたい事あるの?」
「う~ん・・・ないかな~・・・」
「へ~!意外!!超ロマンチストで妄想家なミリカが!!」
「何よそれ!!(笑)」
「あ~、ごめんごめん!!(笑)」
「あ~、でも!」
「ん?」
「やりたい事はないけど、やる事はある!!」
「え?それは何?」
「大阪のおばあちゃんの家に行くの!!」
「へ~!!良いじゃん!!楽しそう!!」
「うん!!」




しばらく歩いたところで、
道が違うミリカと聖子は別れた。




「じゃあね~!バイバ~イ!!」



「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く