恐怖の少女との糞没マジック

にしたん

第4話 夢叶、美奈穂の中へ沈む

翌日夢叶は何時ものとうり登校した。
授業中、夢叶は美奈穂を見つめてこう思った。
1ヶ月後に美奈穂のあんなに汚いお尻から体の中へ入るのかと。
美奈穂は誰がお風呂へ入ってない事を指摘されてもお風呂へ入ってると言い張るのでどうしようもなかった。美奈穂は相変わらず夢叶が近づかないとおならが出ない。
なので夢叶は放課後以外は美奈穂と距離を置いている。
1ヶ月後予定どうりセオダ中等教育学校で倉丸魔術師によるマジックショーが行われた。
倉丸「セオダ中等教育学校のみなさんおはようございます。私は株式会社倉丸の社長の倉丸大助でございます。私の事ご存知の方がたくさんいらっしゃるようですね。」
夢叶「昨日、倉丸さんの会社の中を見学したわ。」美奈穂「それって本当なの。」
夢叶「もちろん本当よ。倉丸さんが案内してくれたわ。」
倉丸「今日はこの場所でマジックショーを披露したいと思います。」
倉丸魔術師はもうターゲットを決めてた。
倉丸「海野さんと山野さんステージへ来てください。」
美奈穂「は~い、夢叶行くわよ。」夢叶「はい、今行きます。」
夢叶と美奈穂はステージに立った。
倉丸「それではマジックショーを始めます。今回のマジックは海野さんが頭から山野さんのお尻から体の中へ入るマジックです。」
この日も美奈穂は汚いまま。体全体が垢で覆われててお尻はうんこ塗れになってた。
倉丸「それでは始めます。山野さん深くお辞儀した状態で海野さんにお尻を向けてください。」
美奈穂「はい。」
倉丸「海野さんは山野さんのスカートの中にもぐってお尻に頭をつけてください。」
夢叶「はい。」
夢叶は倉丸魔術師にいわれるがままに美奈穂のスカートの中にもぐってお尻に頭をつけた。
夢叶の心の声「美奈穂のお尻うんこ塗れだし凄く臭い。」
この時美奈穂はパンツを脱いでた。
倉丸魔術師が夢かと美奈穂に魔法をかけると夢叶の頭の上で美奈穂の肛門が肥大化。
夢叶の頭を少しづつ飲み込み始めた。
美奈穂の肛門が夢叶の頭の上で肥大化していき。{ズズズ、ズズブ~~~}
夢叶の頭が美奈穂の肛門に飲み込まれた。
そしてさらに美奈穂の肛門が肥大化して終には夢叶を体ごと飲み込んでしまった。
{ズブズブ、ズブズブズブ、ズブズブズブ・・・}
倉丸魔術師は夢叶が美奈穂の体の中へ入り切った事をアピールした。
5分後美奈穂は夢叶をおならと一緒に排泄した。{ブ~~~、スルスルスポン}
美奈穂の体の中から出てきた夢叶はうんこ塗れになってた。
この日のマジックショーは無事終了した。
夢叶はシャワールームで念入りに体を洗った。
夢叶「美奈穂の腸の中はうんちがいっぱい詰まってたね。どうりで臭いんだ。」

「恐怖の少女との糞没マジック」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く