奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

27ー3 蔑如のアルテミス③

「そこまでです、ホモ・デウス。

 大人しく殺されれば、人質たちの命は保障しましょう」

シカを模した怪物、アクタイオンがアンジェリカの首をくわえていた。

意識を失っているのか、彼女は脱力した状態のままだ。

「俺の炎は狙ったものだけを燃やす、人質は無意味だ」

「それはどうでしょう? これを見てもまだ、その考えは変わりません?」

アクタイオンが、くわえている彼女の首を離す。

そして、地面に横たわる彼女の上衣のスソを口でめくってゆく。

半透明な金属の鎖が、彼女の腹にいくつも巻きついていた。

さきほどは口でかくれていて見えなかったが、彼女の首にも同じ鎖がある。

「お前のゆがんだ趣味に、付き合ってやるつもりはない」

「これは呪いですよ、ホモ・デウス。

 このアクタイオンが死ねば、鎖はひとりでに彼女を絞め殺すでしょう」

「やれやれ、その鎖から焼くだけだ」

右手を彼女へつきだす。

「なんと視野がせまい。少しばかりさえ、周囲へ注意を払うこともできないとは」

赤く発光する鎖が、生き残っている人々の首を絞めていた。

「安心しなさい。生かさぬように……、殺さぬように。

 悲鳴が聞こえないことに、違和感はなかったようですね。

 抵抗すれば、こちらから即座に絞め殺して差し上げましょうか」

ブナのような木が大量に生えてゆく。

「なんと恐ろしい力、アルテミス様がお戻りになられたようです」

ゲルヴァシャの大地は深い森へ変わった。

黒いきりがアクタイオンの隣へ現れ、エヴァリューシュの姿になった。

アルテミスが周囲へ目をやった後、ツバを吐く。

「ぶざまにもほどがあるだろ。オレ様の奴隷にもかかわらず、情けねえな」

アクタイオンが頭をたれた。

「返す言葉がございません。オリオン、ニュンペー、ヘリオス。曲がりなりにも神でございますので、この度の失態はアルテミス様のご名誉に深い深い傷を」

金属の鎖がアルテミスの足元に生えた。

「アクタイオン。眠っている間に、脳がホモ・デウス程度にまで退化したのか?」

「アルテミス様、お話の筋が見えにくくございます……」

アルテミスがその鎖を引き抜く。

突然に現れた半透明な鎖が、アクタイオンを拘束した。

「いったい何をッ。力を制限されては、能力が維持できません!」

アンジェリカや人質に巻きついていた鎖が一瞬で消えた。

「黙れ、この狩人の恥さらしがッ!」

アルテミスがアクタイオンの首を片手でもぐ。

「なぜでございますッ、よく尽くしたではごいざませんか!

 どんな時も、どんな代償を払ってでも、この身と力を捧げてきたではないですか!」

「人質は、追い詰められたホモ・デウスの所業しょぎょうだ。追い詰めて狩る立場である、狩人の取るべき行動ではない!

 それにオレ様の力を持ってすれば、封印の魔法を扱える賢者の殲滅せんめつなど造作もないこと。そこの赤爆を使うホモ・デウスとて例外にはならんッ。

 アクタイオン、貴様がしたのは、オレ様の力を過小評価させたことに等しい!」

「目的を達成できれば、手段などに拘泥こうでいする必要はございませぬ。

 尊厳そんげん矜持きょうじ道徳どうとく名誉めいよ……、そんなものはホモ・デウスどもが好む、便所の落書きで語られる装飾語に過ぎない」

「自らの考えひとつさえつらぬけないから、貴様は奴隷なんだッ!」

アルテミスがアクタイオンの頭部を握り潰す。

いくつかの肉片が周囲へ飛び散った。

呪いから解放された人々が騒ぎだす。

その中にいた看護師の男性が、呼吸をしていない負傷者たちの手当を始めた。

彼が、負傷者の首へ緑色に光る手をかざす。

森がその光を吸収した。

「どうして、魔法がつかえないんだッ!」

この森は魔法を吸い取って、無効化してしまうようだ。

黒い外衣と和服のような紺染めの上衣、アルテミスがそれらを脱ぐ。

「オレ様とやろうって根性はめてやる。が、無謀むぼうだ」

アルテミスの体が黒く染まると、明るい紺の流線りゅうせんがそこへ入った。

俺は焔鎌の刃部を二回ノックする。

「赤爆に燃やせないものはない、あきらめろ」

「この森では、俺が全てを決定する」

アンジェリカが腹部を押さえながら起き上がった。

「イヤ、こないでッ。

 割れろ——ハデスの氷圧ッ!」

大量の氷がアルテミスの隣で発生した。

それらは細かく分解されて、森に吸われていった。

「ホモ・デウスのメス、オレ様が何をつかさどるか忘れたのか」

俺は焔鎌でアルテミスのどうを断つ。

森が光ると、その体が修復されてゆく。

「オレ様の命は、このカリュ大陸にある全ての植物が元になっている」

「植物がある限り、不死だというの?」

アンジェリカが俺をたてにしながらそう言った。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く