奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

27ー2 奴隷の神々②

俺が足を動かすと、水たまりを踏んだ音が鳴った。

白い液体が大地からいているのに気づく。

それを手ですくう。

ほぼ無臭、めまいなどは特になし。

「おいおい、イキのいいホモ・デウスがいるじゃないかぁ」

ウマを模した怪物、ニュンペーが二足で立ちながらねっとりとした笑顔を作った。

「待っていたんだよお、真面目まじめに戦える相手を」

そして、魔法でおのをふたつ作り、握ったそれらを何度もぶつけ合わせた。

柄は木のみきであり、刃部じんぶは氷のようだ。

俺は武器をかまえながら周囲を警戒する。

ニュンペーが数回ほどセキをした後、「ぶヴぉほおおお」と笑った。

「安心しろよお、フィヒフィ。俺は弱いホモ・デウスに興味はないんだあ。ましてや、狩りなんて、下らないことこの上ないんだあ。

 加ぎゃくと被虐のハザマ、そこで生死をかけて全力で互いの肉体をぶつけ合うッ!

 さあ、ヤるぜぇ、ホモ・デウス!」

このニュンペーという神、他とは趣向しゅこうがかなり違う。

「事態が収まったら、いくらでも戦ってやれる。今は待ってくれないか。

 どうせ戦うなら、全力の方がいいだろう?」

ニュンペーが鼻息を荒くして、武器をかかげながら腰を激しくふってゆく。

「封印されすぎて、我慢の限界なんだあ。もう、闘志がたぎってしかたないんだよお。

 坊主ヘアー・ヒゲ・筋肉質……、どれも一致しない体だが、少し肌が日焼けしているから好みのタイプ、ぶヴぉほおおおッ!」

うっとりとした目のニュンペーが、こちらへ斧を何度も振る。

風切り音がごうごうと鳴ってゆく。

ほとんどをかわしたが、一発だけ焔鎌ほむらがまの柄で受けた。

俺の体はたやすく衝撃しょうげきに負けて、数メートルほど後ろへ飛ばされてしまう。

俺はしびれた手をふる。

真正面から戦えば、長引くかもしれない。

————赤爆の火弦————

「遅いんだよお……、フィヒフィ」

火弦は何もない場所を拘束した。

直後。

ニュンペーの姿が俺の前に現れた。

俺は、斧が両真横から迫っていることに気づく。

————赤爆の焔太刀ほむらだち———

刃渡り1メートルほどの日本刀と焔鎌で攻撃を防ぐ。

右目の数センチ先には、斧の刃部が見える。

「このホモ・デウスはぁ……、攻撃特化型のようで嬉しいんだなぁ。

 殴り殴られの快感をシェアできるなんて、最高だああああああ!」

ニュンペーはヨダレをもらしながらそう言い、頭突きをした。

俺は後ろへ勢いよく倒れこんだ。

わいていた水が全身を包む。

すぐに、斧がこちらへ振り下ろされる。

俺はその場から反射的に離れた。

それは水しぶきを高く上げて、地面を深くえぐり飛ばす。

「ぶヴぉほおおおッ、体中が熱いぞ、ホモ・デウス!」

焔太刀を捨て、焔鎌を振るう。

斬撃は衝撃波へ変わり、鎌の刃の形でニュンペーへ迫る。

足が上手く動かない。

水位が、いつの間にかふくらはぎの位置まで上がっていた。

ニュンペーは水の上を走りだし、衝撃波をかわす。

そして、斧をこちらへひとつ投げた後、自らの体を緑色に発光させながら吠えた。

——赤爆の火球、それで斧を燃やした。

急に、暗くなったように感じる。

「よそ見かぁ? このニュンペーだけを見てはくれないのかあ?」

俺は顔を上げる。

ニュンペーが上空でこちらへ手を突きだし、スイカのような球体を大量に撃った。

「さあさあ、落ちてこい、ホモ・デウス。

 泉のモノよ——反転しろ」

俺は夕日の通っている空へ落ちてゆく。

白い液体や土などはそのままだ。

魔法で俺の重力だけを反転したのか、うっとおしい。

——赤爆の追炎、それでスイカのような攻撃を全て燃やす。

興奮した顔のニュンペーが斧をふりかぶり、大きく跳んだ。

それは、すさまじい勢いでこちらへ迫ってくる。

「ぶヴぉほおおおオオオおおおオオオッ!」

振り下ろされた斧と焔鎌が、空中で衝突した。

しびれによって、両手がうまく動かない。

緑色の発光がニュンペーの体から消えた。

俺は、武器による攻防を続けながら地面へ落ちていく。

「中々にいいぞぉ……、実に手ごたえがあるぅ」

ニュンペーは、俺からやや離れた位置に着地した後、破損した武器を捨てた。

金の斧と銀の斧、それらが白い液体から上がってくる。

「神は強き者をうやまい、弱き者にはばつを与える。

 ホモ・デウス、その名を言え。この胸に刻んでやろう」

「覚えなくていい。俺は全て燃やし、何も残さない」

「なんと無味乾燥な。心臓の鼓動さえわずらわしいか、ホモ・デウス。

 それは死体と何が違う?

 戦いでたぎらぬ者が、いったい何で生を満たせるッ!」

水色の光が金の斧へ、茶の光が銀の斧へ、それぞれ灯った。

「泉のモノよ——反転し、刻まれておどれぉ!」

緑色に発光するニュンペーが、叫びながらそれらを振り下ろす。

巨大な黒い竜巻たつまきが、うねりながらこちらへ飛んでくる。

俺の体がニュンペーへまた引き寄せられ始めた。

近づく手間がはぶけて助かる。

俺は焔鎌を振った。

その斬撃は衝撃波へ変わり、黒い竜巻をたやすく切り裂いた。

「遅いんだよお……、ぶヴぉほおおお」

ニュンペーが俺の隣に現れ、金と銀の斧を振り上げた。

「来い、赤爆よ」

先ほど捨てた焔太刀を操作して飛ばし、ニュンペーの片腕へ突き刺す。

そして、俺は着地と同時にその腕と胴体を焔鎌で切り払った。

無音の間が一瞬だけ訪れる。

斧の落ちる音が二回鳴った。

「泉で眠るのは、退屈だぁ……」

分割されたニュンペーの肉体が、白い液体へ沈んでいった。

ほどなくして、その液体も肉体も溶けるようにしてどこかへ消えた。

金と銀の斧が、地面で横になったまま夕日を反射してゆく。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く