奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

22ー2 封印の体⑤

ヘスティアは苦しそうな叫び声を上げつつさがっていった。

返り血にまみれたアテナが、盾を持ったままそこへ寄りそう。

「ゲルヴァシャのあの魔法か、完全な屈服には今しばし至らぬ」

ラヴィはまだ生きているのかもしれない。

残る賢者は、ロン毛の彼だけだ。

処女宮の至るところに、大小様々な血痕と肉片が散乱していた。

「目を覚ましてくれ、ステーキくらい、好きだけおごってやるからよォ!」

——プロメテウスの炎槍、それをヘスティアへ投げつける。

アイギスの盾がそれをはじく。

「どちらのホモ・デウスが御神体を持っている。差し出せば、命は助けてやろう」

「誰がアバズレなんぞに渡すものか」

ロン毛の賢者がそう言った。

アテナが衣服を口に当てて、乾いたような声で笑う。

「実に、浅慮せんりょ

そして、彼の心臓のあたりをヘパイストスの槍でつらぬく。

「アガッッ、ゥヴぉッ……、ちくしょうめッ」

彼は地面に倒れて、動かなくなった。

彼の作った照明が消えてゆく。

月明かりが神殿内へ下りてくる。

アテナが、ショルダーバッグから赤いレンガを見つけ、それを魔法で破壊した。

「依り代を出したまえ。アルテミスを、いや、今はヘカテであったな」

ヘスティアが頭を抱えながら手を正面へ伸ばす。

「——炉よりこぼれし物よ」

紫の火の粉が二柱の前に積もる。

それらは、石化しているエヴァリューシュの姿へ変化した。

黒い霧が彼女の中へ吸い込まれてゆく。

太陽の神殿に封じられている神が復活してしまう。

俺は、彼女を壊す覚悟をした。

————赤爆せきばく焔鎌ほむらがま————

赤紫に光る全長1メートルほどの鎌(サイス)を振る。

斬撃は衝撃波へ変わり、鎌の刃の形でエヴァリューシュへ迫ってゆく。

盾を構えたアテナが彼女をかばう。

斬撃がアイギスの盾を割り、アテナへ食い込む。

斜めの大きな傷がその体にできた。

さすがに全力でないと、神の体をついでに燃やすほどの出力はない。

一本の乾電池で豆電球をつけることはできるだろうが、冷蔵庫を動かすのはムリだ。

「ホモ・デウスの技なれど、かの火はここまで恐ろしい」

俺との距離を一瞬で詰めたヘスティアが、ノコギリのような武器を振りおろす。

「ぶぅーーーん!」

俺は焔鎌の柄で攻撃をさばいてゆき、スキを見つけて、カウンターをうつ。

そして、すれ違いざまにその腹を引き切る。

ヘスティアが腹を押さえながら両膝を床につけた。

「ちょっと……、このホモ・デウス、なに?」

「——ヘパイストスの槍」

銀の装飾がきらびやかな槍が、こちらへ払われた。

焔鎌の柄でそれを受けて、体を一度回し、アテナの腹と槍を切る。

ひとりは楽だ、なにも気兼ねなく力を発揮できる。

でも、ひとりなら、俺は何の為に戦っているんだ。

リーシェやノア、それに賢者たちを守る為に、三処女神をこの力で討とうとしていた。

ジェイクの研究と同じ結末じゃないか、結果の為に目的を犠牲にしてしまった。

こんな力——もういらない。

「おのれ、ホモ・デウス。この体では、満足に力も出せぬ」

出血が止まらないのか、アテナは地面に座り込んだまま動かない。

俺は焔鎌を振り上げる。

アテナが弱い力で俺の足へ抱き着く。

「みじめだな」

「その目を止めろ、ホモ・デウスッ!

 一柱を見下すなど、身の上を知りたまえ!」

エヴァリューシュとアルテミス、どちらも焼きつくしてしまえ。

俺は焔鎌の斬撃を彼女へふたたび飛ばす。

斬撃は、最初のものよりも大きい。

「ウチを、キレさせたよ。——炉よりくみし聖火よ」

エヴァリューシュの前に、白い炎の壁が現れる。

斬撃がその壁に衝突し、吸収された。

「やっりーッ! ウチの火が、カスどもの魔法になんて劣るわけないじゃん!」

「無駄だ、俺の炎は目標を必ず焼く」

白い炎の壁が爆発した。

赤黒い炎が、鎌の刃の形へふたたび集まりだす。

「ええッ、こんなのずるいよ!

 ナシナシ、ノーカン、リトライを要求するッ!」

俺はヘスティアを指さす。

「ここで滅べ」

口をとがらせたヘスティアが、両手の中指を立てた。

視線を戻すと、黒い霧が全てなくなったのが見えた。

斬撃が元の姿を取り戻し、石化したエヴァリューシュへ衝突する。

それは砕けた後、一瞬で燃え尽きた。

アテナが衣服を口に当てながら笑う。

ヘスティアも腹を抱えて大声で笑いだす。

なにがおかしい。手早く処理して、ノアのところへ帰ろう。

「リーシェ。身勝手だとは思うが、俺を許して欲しい」

俺は焔鎌を構える。

「早く帰って、お布団でごろごろしたい」

エヴァリューシュの声が聞こえた。

月明かりの下、黒い霧が一か所に集まってゆき、彼女の姿になる。

「なぜだ、赤爆は全てを燃やした」

彼女は魔法で髪どめを作ると、それを口にくわえる。

そして、後ろ髪をお団子にまとめ始めた。

「うなじがむれる。この女、男受けを気にし過ぎだわ」

アテナの姿が周囲に見当たらない。

「アテナは逃げたぞ、アルテミス」

彼女は髪をまとめ終えると、首を左右に少し振る。

「だからなに? 帰っただけでしょ。

 それと、今は病の神・ヘカテ。アルテミスはいわゆる昼職だから、今は存在しない。

 ま、肉体なんて、魔法でいくらでも作れるし、近いうちに分離でもしようかな」

俺は、赤爆の指定先を間違えてしまった。

Aをたなければならないのに、Xを指定した。

しかも、存在しないXを燃やすことなどできない。

笑顔のヘスティアが、ヘカテに正面からだきつく。

「ヘカテー、ヘカテー、ヘカヘカテー!」

「それやめて、恥かしくないの?」

「いいじゃん。アルテミスやセレナは嫌いじゃないけど、ヘカテは大好きだもん。

 またいじめてあげるから、お布団いこ?」

「イヤ。それと、一緒に布団へ入ったこともないから」

赤爆の焔鎌で二柱に切りかかる。

ヘカテが、その鎌の刃を素手でつかんだ。

俺は緑の瞳と見つめ合う。

「ほかの神と違って、このカリュ大陸にある文化が好きなの。

 いくら暴れても大丈夫な場所を用意するから、今日はお開きにしない?」

俺がいくら動かそうとしても、鎌はわずかさえ動かない。

「人をホモ・デウスと呼び見下すクセに、文化が好きだと?」

「そこは信じなくても結構よ。

 マンガ・小説・声劇・演奏会……、封印されていた間、ずっと続きが気になってしかたがないものばかり。

 特に、シュテム国の雑誌に掲載されている『狩人かりうどエックス狩人』。これは、休載が多くて待ち遠しかった。さすがにもう完結しているだろうから、コミックスで一気読みして……。

 あ、やっぱいいわ、今殺そ」

ヘカテが俺の腹に手を添える。

次の瞬間。

俺は神殿をつきぬけて吹き飛び、ゲルヴァシャの外壁を破壊して、密林の木々を折り、どこかの山の岩壁に深く埋まった。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く