奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

13ー1 砂漠の行路①

かげろうの上る砂漠を空身からみで進んでゆく。

リーシェは無事に目を覚ました。

だが、砂漠を歩くだけの体力はなかった。

ノアが彼女を背負って歩いている。

ちょうど、太陽が最も高くなる頃だ。

アゴの下にたまった汗を手でぬぐう。

「し、しぬう……」

「リーシェちゃんの前で弱音をはくの禁止」

「はいよ、へえい」

「返事は一回ッ!」

「はいよッ!」

砂漠を越えるのは、予想以上の苦難だった。

一時間ほど歩いたと思ったら、ほんの二十分すら過ぎていない。

突然、小さなオアシスが右側に見えてきた。

「ノア、あのオアシスで休憩しようぜ」

「なに言ってるの、そんなものないよ」

右側を指さす。

「ほら、あそこにあるだろう?」

ノアが、俺のオデコを触る。

「うわ、アッツ、熱中症かな」

その手が、水色に光ってゆく。

見えていたオアシスが消えて、頭の熱さが抜けてゆく。

冷却ジェルシートをはられた気分だ。

「ノアの手、気持ちいい……」

「もう、僕がいなきゃアブなかったよ」

そうは言われても、砂漠ごえの準備をする時間はなかった。

突然、砂がふくれる。

砂面から、サメの頭部とスカラベの胴体を合わせた様なモンスターが現れた。

ノアが急いで俺の後ろに隠れる。

「アカヤ、頼んだ。シャコウなら、余裕でしょ」

——プロメテウスの小石、赤く光るそれをシャコウへ投げる。

球速は90キロほどだ。

小石はシャコウの前歯をへし折り、体を貫通する。

そして、小さな魔石をひとつ残して消える。

「ヤッタ、魔石でたよ、アカヤ!」

なお、魔石はねちょねちょとする汁にまみれている。

「俺はもう拾いたくない……」

「言っとくけど、僕の所持品も全て、役人に没収されてるからね」

魔石を何回か砂で転がしてからひろった。

「今、どれくらいの位置にいるんだ?」

「まだ1割ほどしか進んでない」

ほぼ半日を歩いて1割か、砂漠での野宿のじゅくはキツイ。

「どこかに、行商人でもいないか」

「来るとしたら後ろからだね、行路は封鎖ふうさされてた」

ゾンビの様に、砂漠をひたすら歩いてゆく。

やがて、大きなみぞを見つけた。

川が干からびたかと思う様な幅だ。

その溝を横断する。

水とは違う、ねばり気のある液体が溝の中に散乱していた。

「なんだここ?」

ノアがリーシェを背負いなおす。

「アレが通った後だよ、自然災害レベルの魔物がいるんだ」

そういえば、行路では魔物があばれていたらしい。

「この近くにまだいるかも知れないな」

溝を渡り終えると、遠くから数人が走ってくるのが見えた。

その後ろには、シャコウの群れ。

追われているのか、こっちに来ている。

「アカヤの出番、頼りにしてるよ」

「ノア、魔石を拾う係に任命してあげよう」

ノアは笑いながら俺の尻を叩いた。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く