奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

11ー1 三英雄③

屈んで、倒れたポーロを抱き寄せる。

黒い霧は、もうどこにも見当たらない。

「大丈夫ですか」

「私は……。ジェイクを討ったのですか?」

「……、討ちました」

ポーロは泣きだす。

「ごめんなさい。俺もできれば討ちたくはありませんでした」

「済んでしまったことは、もはやどうにもなりません。

 あなたは、自分の主義を貫いた。あの子女の為に」

なんて後味の悪い。

泣いている彼女をそっと抱きしめる。

「恨んでもらって構いません」

「三英雄も、あとはローランドだけ……」

「烈火の竜騎兵?」

ポーロが驚く。

「ええ、よくあだ名をご存知ですね」

すぐに次の言葉が言えない。

「…………、彼はここに来る途中で討ちました。追撃部隊の長でした」

ポーロが伏し目になる。

「アポテネスも近いうちに滅びるでしょう。

 これが運命というモノ……、胸へ収めるにはあまりにも大きい」

ノアが、リーシェを抱えたままこちらへ走ってきた。

「おーい、アカヤ。右見て、左見て、上も見てごらんよ」

右、ゾンビたちがわんさか。

左、黒い霧がこんもりもっこり。

上、犬の顔した黒い霧が激怒の表情で浮かんでいた。

ウソだろ、本当に赤爆がきかないのか。

上空の顔が、ジェイクの声でしゃべりだす。

「どうあがこうが、貴様らはタナトスのしもべだ」

ポーロが立ち上がった。

「禁忌の炎でさえ、彼を討つことは叶わないのですね」

「なんだ、あのジェイクってヤツは」

「彼は、聖痕の所持者にして、タナトスの玩具」

聖痕って、リーシェにもあるアザだ。

「聖痕って、どんなシロモノなんですか」

ポーロは一瞬だけ目をつぶる。

「聖痕は、神と交信することが可能な証。それを持つ者は、神を『契約』か『屈服』のどちらかをさせることで、【神そのものを使役】します。

 ジェイクは、国を守るためにタナトスと契約し、その代価として、自らの体を差し出したのです」

だから、死人・ジェイク。

タナトスの霧をいくら燃やそうとも、タナトス本体がいたら意味がない。

黒い霧が一か所に集まると、犬頭の巨人の姿へ変わる。

その手には、ハルバート(斧槍)が握られていた。

「ポーロ、その聖人(聖痕の所持者をさす)を渡せば、見逃してやろう」

「拒否します。人を実験の素材にするなど見過ごせません」

リーシェを見る。

やや血色の悪い彼女は、辛そうな顔をしていた。

「そこまでして、研究功績が欲しいのか」

「小僧が知る必要などない」

ポーロが俺を見る。

「ジェイクは、聖人を研究して、契約を解除したいのです。

 もう、タナトスの玩具には耐えられないのでしょう」

「契約を解除したら、肉体が戻ってくるんですか?」

ポーロは、静かに目を閉じて、首を左右に振る。

「女は他人のプライベートを無神経にしゃべる。

 おまえも、しもべだッアアア!」

——プロメテウスの炎剣、それを構える。

「忌まわしい英雄よ、もう苦しむな。俺が神さえ燃やしてやる」

明けたばかりの空は、黒い霧に覆われてゆく。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く