奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

10ー2 三英雄②

霧のヒトガタが、ノアの衣服をつかむ。

ノアが顔をゆがめる。

「うわっ、臭っさ、腐臭がヒドイ!」

————プロメテウスの炎槍、それを霧のヒトガタへ投げる。

槍が胴に刺さった。

ノアの衣服をつかむ手が離れる。

ジェイクの右手がまた光る。

ノアの進む先に、ヒトガタが何体も現れる。

「くっそー、無限に出てくるのか」

そのパターンなら、本体を先に叩けばいい。

炎槍をジェイクへ投げる。

「小僧の魔法など、きかぬ。

 ——タナトスの霧」

黒い霧が、飛ぶ炎槍を囲む。

そして、それを吸収してしまった。

イアスペトスの砂のタイプか!

————赤爆の磁砂————

大量の赤い火粉を室内へ散布する。

黒い霧がそれを吸収する。

————赤爆の火皮。

赤黒い火が、皮の様に伸びて袋の形になる。

そして、青い火粉を火皮の中にたんまりと詰める。

「ふざけているのか、コゾォッ!」

黒い霧が濃くなってゆく。

犬の顔を持つヒトガタが、何体も現れる。

彼らは、持っている剣で俺を襲う。

「正極と負極よ、引かれ合え」

何もおきない。

剣で衣服を数か所ほど切られてしまう。

吸収ではなく、消滅なのか?

「ヘパイストスの炎剣」

そう言ったポーロが、俺の周囲にいるヒトガタをそれで切り払う。

「ジェイク、彼を殺す気なのか!」

ジェイクはアゴを上げて、冷たそうな目をする。

「いくらおまえでも、タナトスの霧には勝てまい」

ポーロが、炎剣を構える。

「実験は魔法学を発展させるでしょうが、魔法学は人類を幸福にするのが目的です。

 目的を見失っては、それこそ狂人ではありませんか」

ジェイクは、歯をかみしめながら息を吐く。

「だから、あのメスを自由にするなど、冗談ではないッ!

 俺にはまだ力が必要なのだア!」

黒い霧が、建物をかじるように消滅させてゆく。

床だけが残った。

黒い霧が地面に入ってゆく。

そして、大量のゾンビたちが石の床を割って現れる。

ノアが悲鳴を上げながら走って逃げまわる。

ゾンビたちは、簡単にその進路をふさぐ。

「三人とも、お逃げなさい。私がどうにか足止めをします」

「お気持ちだけ受け取っておきます、俺にひとりで十分ですよ」

黒い霧が、ポーロに近づく。

彼女は、体を一回転させることでそれを切り払う。

だが、黒い霧は完全に消滅しなかった。

「タナトスの霧は、触れたものを操作します。

 彼がいま操っているのは、先の大戦の死者たちです」

「じゃ、遠慮なく燃やします」

————赤爆の火球————

赤黒い球体を放つ。

火球はゾンビたちを燃やしつくす。

また、爆発で周囲の建物に傷がつく。

ジェイクが大声で笑い出す。

「霧ッ、霧ッ、キリィッ!」

黒い霧がすぐに付近に充満する。

燃やしたはずのゾンビたちが、再生してゆく。

赤爆でも燃やせないだと!?

ノアが、リーシェを背負って、走りながらゾンビの体当たりを避けていた。

「アカヤ、こっちは僕に任せて!」

赤爆の火球をジェイクへ放つ。

彼はよける様子すらしなかった。

火柱が上がり、老人の姿を燃やし尽くす。

「理解力の低い小僧め、見たら無駄だと分かるだろう」

背後から、ジェイクの声がした。

その瞬間、ポーロが俺とすれ違い、ジェイクを炎剣で切る。

「これ以上は見ていられません」

「ムチャだ、離れて!」

ポーロが、次の攻撃に移ろうとした。

黒い霧が、彼女を貫く。

「使わせてもらうぞ、剣魔の体をッ!」

ポーロが、俺へ一瞬だけ微笑んだように見えた。

彼女はすぐにうつむく。

そして、光る右手を俺に向ける。

「——ヘメラの光」

しまった。

「まさか、禁忌の炎を使えるとはな。しかし、それも先の戦争で対策済みよ」

「対策?」

「ほう、まだ脳が動くのか。お前も実験材料にしてやろう」

黒い霧が、俺の中に入ってくる。

苦しい。

赤爆で黒い霧を燃やす。

確かに燃やす作用は起こったが、霧は燃えない。

タナトスの霧は触れたものを操作する。

ならば、赤爆を操作して、赤爆自身を燃やしているのかもしれない。

やれやれ、だとしたら子供だましもいいところだ。

何かを操作している間は、別のものは操作できないだろう。

「我がタナトスのしもべとなれィ!」

——プロメテウスの火粉、それをジェイクにかける。

また、体内にも発生させる。

「ヘメラの光が、きいていないだと!」

その光ならさっき、燃やしたよ。

時間差で、赤爆の火球を発動する。

タナトスの霧がプロメテウスの火粉と接続した。

いわゆる、魔法同士が結合した状態だ。

この瞬間。

赤爆でそれらの混合物を燃やす。

一瞬で、霧とジェイクは炭すら残さずに消えた。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く