奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

9ー1 暗闇の女性①

畑の匂いによって、目が覚める。

頭痛はどこにもなかった。

地面であぐらをかく。

尻が冷たい。

乾燥した大地が、畑の土の様な状態になっていた。

ヘリオスの火球に奪われていた水分などが戻ったようだ。

「お兄さん、大丈夫か?

 みんなを助けてくれたようで、ありがとうな」

前歯のいくつか抜けた青年が、水をくれた。

それを一気に飲み干す。

「ありがとうございます。

 どれくらい気を失っていたんでしょうか」

「さあ、そこまでは。

 ただ、黄色い火球が消えてから、10分は過ぎたかも」

目を閉じて、ノアにつけた魔法の位置を探す。

魔法は、ここから数百メートルほどの場所でとどまっている。

俺は彼へお礼を言って、移動した。

魔法の痕跡がある——ノアのいる場所にたどりつく。

そこは、石の門のある大きな建物だ。

ひょっとしたら、この都市で一番大きいかも知れない。

数人の門番だろう男たちが、地面に大根の様に埋まっていた。

また、壁の一部が何かで砕かれてもいた。

ヒトひとりは余裕で入れるほどの穴が、そこに開いている。

これはノアの仕業しわざに違いない。

建物内から、何かがぶつかる音が聞こえる。

戦闘中かもしれない、急いだ方が良さそうだ。

建物へ入る。

金や銀の壺だの像。

どう好意的に見ても前衛芸術としか思えない絵。

それらがいたるところに並んでいる。

音のする方へ駆けてゆく。

やがて、大きな広間にたどり着いた。

そこでは、リーシェのフクロウが美術品の上に止まっている。

突然、壁の損傷する音が鳴る。

金髪のロングヘアの女性が、レイピアを壁に突き刺していた。

その剣の下では、焦っている表情のノアが床に座り込んでいる。

さて、加勢しよう。

ネグリジェを着用している女性と目が合う。

にごりの少ない青い瞳が見える。

「今日はドロボウが多いな」

「リーシェを返してもらおう、それとノアも」

女性はレイピアをサヤに収めた。

「どういうことだ、私はなにも盗っていない」

「とぼけるなよ、小さな女の子をここで拘束しているだろ」

女性は、頭のてっぺんにてハネている毛束を右手でいじる。

「あなたたちは、誤解をしています。私は拘束などしていません」

「ドロボウに入られたから自衛していた、と言うのか?」

女性はノアから離れて腕を組む。

「それ以外に、どう見えるのでしょうか。逆に聞きたいですね」

まさか、ノアが入る家を間違えたのか?

「ノア、リーシェのフクロウは、確かにここに入ったんだな?」

「間違いないよ、だから僕も入ったんだ」

ややこしいわ!

だが、剣を収めたあたり、彼女は噓をついていない様に思う。

威力を抑えた魔法で気絶してもらおう。

女性の表情がけわしい。

「ドロボウども、演劇もこの辺で終わりにしろ。

 牢に入って、しっかりと反省しなさい」

女性はふたたび剣を構える。

「待ってください、ここに他の人はいますか?」

「もう半分の側に、ジェイクが住んでいる」

その名前には聞き覚えがある。

「死人・ジェイク?」

女性が上品に笑う。

「いかなドウボウにとて、三英雄の名は通じているのだな」

女性がノアの首にレイピアをそえる。

————プロメテウスのスリッパ———

広場へ踏み込んで、彼女の口へ赤く光るそれを投げる。

女性は自らの横髪を手で払う。

「安心しろ、殺しなどするものか。

 更正こうせいして、真面目に働きなさい」

魔法のスリッパの先が、その口へすっぽりと収まる。

「ふんガッ、もふっヴォ!?」

魔法の制御は、ほぼカンペキだな。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く