奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

8ー1 烈火の竜騎兵①

夜明けが近い。

天窓てんまどからそれを知った俺は、ろう格子こうしを魔法で溶解ようかいさせた。

一羽のフクロウが、俺の肩にとまる。

よく見てみると、リーシェのフクロウだ。

「リーシェは無事のようだ」

「これ、リーシェちゃんのペットなの?」

「魔法で作られた動物だから、そうとも言える」

ノアは両手を組んで上に伸びながら「ふーん」と言う。

フクロウが、牢の外——「建物の内部」へ飛び始める。

案内のつもりだろうか?

「ノアって、この都市には詳しい?」

彼女は、肩をすくめてから両手を上げる。

このフクロウを追う方が、良さそうだ。

牢を出て、市街地をけてゆく。

もうすでに、明るくなりはじめていた。

フクロウは速度をおさえているのか、ゆっくりと飛ぶ。

「おかげさまで寝不足だよ」

ノアがくすりと笑う。

「体力ないねー、僕がダッコして走ってあげようか?」

明け方の空に、トカゲの様なモンスターの姿が現れた。

5体、こちらへいきおいよく迫ってくる。

「アカヤ、飛竜ひりゅうが来ちゃったよ!」

追いつかれるのも時間の問題だろう。

ノアへ、自動追尾ついびする照明の魔法をかける。

彼女の周囲に、ランプほどの火がともる。

「先に行ってくれ、アレとは相性悪いだろう?」

「どうにかできるけど、ここは任せるね」

「その魔法でノアの位置が分かるから、すぐ追いつくよ」

ノアがフクロウを追いかけてゆく。

立ち止って、振り返る。

飛竜たちは、もうすでに背後まで迫っていた。

大きなきばが、俺をかみくだこうとする。

————プロメテウスの火なわ

地面から生えた火の縄が、飛竜の口をしばる。

そして、その頭を砂ばかりの大地へ引きずり落とす。

「焼いても食えそうにないな」

「ああん!? 飛竜は家族だ、食い物じゃねえ!」

そう言った騎兵きへいが、飛竜から降りて殴りかかってくる。

彼の装備は、弓とナイフ。

殴りにきたのは、俺を捕まえる気だろう。

「殺す気で、どうぞ」

————プロメテウスの炎剣————

プロメテウスを横に振る。

殴りにきた彼は、腹を焼き切られた。

「シんじゃうよッ、パッパァッアアァ!」

力の加減にようやく慣れてきた。

「出血してないんだ、死ぬわけないだろ」

空から、男の声がする。

「俺が下番かばんしてから脱走しろよ。あー、めんどくせえ」

——プロメテウスの火縄、それで残りの飛竜を全て拘束する。

「おまえ、もう働かなくていいぞ。任務、ゴクローサン」

さきほどグチを言った男へ、プロメテウスで切りかかる。

地面でもがく飛竜ごと、男を切りつけた。

彼は気絶したのか、動かない。

ひとりの騎兵が、弓を引きながらこちらを見ていた。

「おいおいー、俺の勤務評価が下がるじゃないかー」

「隊長!」

「タイ、チョウオオ!」

「パッパァッアアァ!」

炎剣を隊長に突きつける。

「見逃してやる、上へ全滅と報告するより良いだろう」

糸目の隊長は声を出して笑いながら矢を放つ。

「できるわけないだろー、それで失職したらバカバカしいー」

矢を魔法で焼く。

プロメテウスを下段にかまえる。

「かわいそうに。全員、退院したら無職だな」

彼は頭を少しかく。

「それも困るなー。一応、烈火れっか竜騎兵りゅうきへいと、オレは呼ばれているんだ」

名誉めいよさえも、焼き尽くしてやるよ」

隊長のいと目が開く。

突然、景色が昼の様に明るくなる。

「烈火の暴虐ぼうぎゃく——ヘリオスの火球」

空を見ると、黄色い巨大な火球が浮かんでいた。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く