奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!

金丸@一般ユーザー

4ー1 救出

数時間後の病室。

店長が目を覚ます。

「許してください。見つけたら連絡しないと、僕も危なかったんです」

「アンナはともかく、なぜリーシェまで」

彼はうつむいて黙ってしまう。

プロメテウスの火を彼の眼球に近づける。

「目がなくても生活はできるよ」

ノック音が鳴る。

医者が不満そうにこちらを見ていた。

「医者の前で、よく乱暴する気になるな」

火を消す。

「アッシュって用心棒の報復ほうふくらしいです。

 女の子はわかりませんけど、魔石が目当てだったのかもしれないです」

「ふたりはどこ?」

「さすがにそこまでは……。

 ただ、ベル―シェ・カルテル(企業連合、転じて利益本位で活動する犯罪組織をさす)の関係者でした」

そこのトップか幹部なら、なにか知っていそうだ。

「ほらよ、正義漢せいぎかん

医者が、女性の絵の書かれたマッチ箱をひとつ、俺に投げ渡す。

「奴隷を助けたはずが奴隷になったのでタスケテください!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く