話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜

雨猫

Ep2/act.5 怯える森

森に入ってから数時間、奥に進むにつれて中級のモンスターも増えてきた。
しかし、やはり襲いかかってくるモンスターはたったの一体もいなかった。

それよりも。

「何かに怯えてる」

アリスは言う。
出会うモンスターの全てが、何かに怯えて隠れてしまっているのだ。

森の中心部まで辿り着いてしまった。
ちょっとした祠に腰を掛けた。

「なーんか、モンスターも襲って来ないし何も手掛かりはないし暇だな」

「ギル、気を抜いていると痛い目を見るぞ」

「とは言われてもねぇ…」

アリスは俺の方へ振り返りジーっと何かを見つめている。

「ギル、その祠はなんだ?」

「ん?なんか腰掛けるのにちょうど良さそうなこいつのこと?」

アリスが近寄ってくる。

「この祠何かがおかしいぞ」

「!!」

アリスは触れた瞬間、仰け反るように離れた。

「ギル、お前よくそんなものにずっと触れていられるな」

「ん?何か変なんすか?」

「変どころじゃない。そいつは、今まで感じたこともない魔力を放出している」

「!?」

その場にいる俺以外の全員が驚いていた。
リオンも触れたが、同じような反応をした。

「モンスターたちが怯えているのは、これが原因かも知れない。しかし触れなければ感知されない異常な魔力。なんだこれは」

すると、ゾロゾロと何かが迫ってくる。

「お前ら、構えろ。敵だ」

アリスは顔色を変えて森を眺めた。

「50..100...いやもっと...」

エナは汗を浮かばせて呟いた。

「この魔力は…」

俺以外の全員が口を揃えて言う。

「魔族…!」

「凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く