話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜

雨猫

Ep2/act.3 チームアリス

入団を済ませた俺はアリスというA級魔法騎士のチームに配属されることになった。

そして今日が初面会日。
指定された場所に着いたのだが…。

「あ、ギルくん!久しぶり!」

そこにいたのは一緒に選抜卒業を決めた王族のエナ・アルフォアだった。

しかし、同じ階級の魔法騎士は同じチームには配属されないはずだ。

「ギルくんもアリスさんのチーム?」

ギルくんも?と言うことはエナも?

「同じ階級の魔法騎士は同じチームに配属されないだろ?一緒に卒業して入団した俺たちは同じチームにならないだろ」

「いいえ、私はC級魔法騎士として入団したの。王族の血筋なだけあって魔力も膨大、使える魔法も多い。ただ実戦が少ないからC級」

なるほど、あの時測った数値のやつか。
俺も正直に言ってたらF級じゃなかったのか?
いや、魔法道具がバグったと思われるな。

「ちなみにエナの数値はいくつだったんだ?」

エナは記録をコピーした紙を見せてくれた。



名前 : エナ・アルフォア
年齢 : 18歳
出身 : アルフォア国
魔法 : 光魔法 / 治癒特化自然魔法

攻撃値 : 1200
防衛値 : 2200
魔力値 : 21000
総合値 : 24400



確かにこれはズバ抜けてんだろうな…。
俺は平均値を思い出していた。

「あら、ずいぶん若い新人さんたちね」

エナと話していると後ろから声がした。
振り返ると、美人で、聖人と言うよりは魔女が当てはまりそうな女性がいた。

「アンタは?」

「私はアリス。あなたたちのリーダーよ」

するとゾロゾロとチームメンバーらしき人たちが集まってきた。

「B級魔法騎士、ドルフ・ナットス」

「D級魔法騎士のリラ・ソーニャです」

「E級魔法騎士、エクス・バッカスっす!」

「S級魔法騎士、リオン・アーリル」

みんなの自己紹介が終わり、俺たちの自己紹介をする流れとなった。

「C級魔法騎士として入団しましたエナ・アルフォアです。よろしくお願い致します」

「えっと、F級魔法騎士として入団したシルド・ギル。よろしくっす」

「よし、じゃあこれで全員だな!」

アリスさんがまとめようとしたが、俺は一つだけ見落としてることがあった。

「リオンなんでお前がいるんだ!」

「師匠在るところ俺在りです」

すると、同じく気付いてなかったアリスさんが話に入ってくる。

「リオン、久しぶりなのは嬉しいがお前はS級に昇格したんだから入れんぞ」

「え、アリスさんとリオンって知り合い?」

「ああ、リオンは今では階級が私より上だが、昔は私が稽古を付けていたんだ」

「アリスさんは俺よりも実力あるしいつでもS級に上がれるのですが、団体行動が好きだと言っていつまでもA級なんです」

なんだか凄い人のチームに配属されたな。
今はそんなことしか考えていなかった。

「凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く