話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜

雨猫

Ep1/act.20 光魔法

レン・ユーリオは一人静かに笑っていた。

「ジンくんは頭もキレる、反応も早ければ攻守一体の無敵。しかしね」

レン・ユーリオは手を上にあげた。

「不意打ちなら反応できない」

『土魔法 土昇壁』

ジンの足元からグラグラと土の壁が飛び出た。
流石のジンも読めない攻撃は避けることは難しいようで、大ダメージを食らったようだ。

「てめえ……」

「さっき君が僕の仲間にやったことと同じさ。君の足元に魔法陣を唱えといた。君がそのポイントに立って僕が発動すれば君はダメージを受ける。分かりやすいだろ?」

ジンは倒れ込んでしまった。
意識はあるが動くのは辛そうだ。

「じゃあ次は一年首席である王女様でも倒してさしあげましょうか」

レン・ユーリオは振り返ってエナを見た。
エナは身構えていた。

俺はいざとなったら助ければいい、と思っていたが、この後、そんなことを考えていたことも馬鹿らしくなることになる。

『土魔法 巨大ゴーレム』

「さあ王女様、こんなデカい敵を相手にどう戦いますか?」

「大きい的なら戦いやすいですね」

『光魔法 ライトニング・スピアー』

エナの上空には巨大な光の槍が現れた。

「私は王女だから首席なわけじゃありません。小さい頃から鍛えてきたから首席なんです」

エナの光魔法ライトニング・スピアーは一撃で巨大ゴーレムを倒してしまった。
この魔法は確かに生まれながらに魔力が大きい王族だから成せる技かも知れない。
しかし使いこなすには相当の努力をしたはずだ。
俺はエナのことを感心していた。

「あとはお任せしますね、ジンさん」

『自然魔法 回復ヒール

「任せろ、エナ・アルフォア!」

『爆破魔法 弾丸ボム』!!

レン・ユーリオは倒れた。
レン・ユーリオが弱かったんじゃない。この二人が相当に強かったんだ。

ゴーレムを出したあたりからエナは回復魔法をジンに唱えていた。
エナは光魔法と治癒系の自然魔法の使い手のようだ。

こりゃ本当に最後まで力貸さずに優勝できるかも知れねえな…。
そんな哀れな安堵をしていた俺だった。

「凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く