話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜

雨猫

Ep1/act.13 義賊の正体

休みが明け、爺さんからも仕送りを貰った俺は、元気に学校へと登校した。

素晴らしい一日が始まる!
そんな気分だった。

「おはよう、ギルくん」

校門で俺を待ち伏せていたのは、いつぞやのエナ・アルフォアだった。

「王女様か、なんだよ朝っぱらから」

「ふふ、何?私に話し掛けられるとよくないことでも起こると思ってるの?」

笑いながら言葉を含み話している。
また面倒臭いことが起こりそうだ。

「その通り。面倒なことを話しますよ」

こいつ、俺の心の中が読めるのかよ…。

「ケンドラー家からあなたに依頼をしたと話を聞きまして、あなたにもお伝えしておこうかと」

「ああ、例の義賊の件か。また何かあったのか?」

「はい。実は昨日の夜中、ケンドラー家がやられました。アルスさんとお父様は無事なようでしたが、使用人が数名、ボディーガードが数名負傷したみたいです」

「ケンドラー家がやられたのか」

「はい。これまでなら噂の範疇で終わっていたのですが、ケンドラー家に置き手紙を残していたようで、その内容には、あなたの名前が記されていました」

俺は嫌な予感が脳内を駆け巡った。
昨日は俺が王都へ出て、『あの人』に会った日だ。

「王都に出稼ぎ…下民…差別……」

俺がボソボソと言っていると、何かを感じ取ったのかエナは話を進めた。

「手紙の内容をお伝えします」

『私は義賊。生まれながらに差別を受けて来た。これはその報復である。今夜、私は城を襲撃するつもりだ。私の足があれば城の守りですら圧倒するだろう。私を捉えたくば、シルド・ギルを連れて来い。』

「嫌な予感は的中したみたいだ」

「犯人に心当たりが?」

「昨日、会ったんだ。ケンドラー家が襲われる前だろうな。優しい人だったよ」

「その方の名前は?」

「ブロード・テイラー」



学校が終わり、リオンを連れてエナの案内で俺たちは城へと向かった。

「やあ、早かったね」

振り返ると、意気揚々と出て来たのは、問題のブロード・テイラーだった。

「あんた…。なんで手紙に俺の名前なんか残したんだ」

「昨日、君は俺のことをいい奴だと言ってくれたね。小汚い、王都へ出れば誰もが振り返る程に汚い俺を見て、君は眉ひとつ動かさず僕を隣へ座らせてくれた」

昨日のことを思い出した。
自分が差別を受けていたから、座るのにもわざわざ躊躇していたのか。
ただの紳士的な人かと思ったが。

「だから、君と分かり合えると思ったんだ」

「悪いけど分かり合えない。国から追われる?罪人として有名?そんな面倒な人生願い下げだ」

「この人が義賊…」

唐突なことで驚いているのか、エナがボソッと口を開いた。

「何故あなたがここにいるのですか」

「あなたはエナ・アルフォア。王女様だね。ただの下見のつもりだったんだけど、こんな早くシルド・ギルくんが現れるもんだから、会いに来たんだ」

「会いに来たって…」

「師匠、ここは俺が」

ずっと黙って横にいたリオンがいきなり走り出した。

「君はリオン・アーリル。名高いS級魔法騎士だね。丁度いい。俺の足はS級魔法騎士にも劣らないって証明してやる!」

これから、激しい戦いが始まることを、この時の俺はまだ理解してなかったんだと思う。

「凡人勇者の異世界英雄譚Ⅱ 〜転移したら無敵になってました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く