WORLD END-終焉の鐘の音-

成瀬瑛理

第9章―ダモクレスの岬―1

 ダモクレスの岬の周辺は、強い吹雪きが吹いていた。海に近い場所なだけに、風も凍てつくように冷たかった。竜騎兵達は、ダモクレスの岬の周辺に到着するなり体を震わせた。

「なんて寒さだ! こんなところにいつまでもいたら、凍えてしまうぞ!」

 リーゼルバーグの問いかけにハルバートは頷いた。

「ああ、海に近いだけに寒すぎて死にそうだ! きっとこの近くに隠れてるかも知れない! 手分けして探し出せ!」

 彼の命令に部下達は返事をすると、上空から彼らは囚人の捜索を始めた。

「ハルバート隊長、自分はさっきあそこからこの辺りに人影が見えたのを確認しました! きっとこの近くにいます!」

 ユングの報告にハルバートは返事をした。

「よし、ユング! お前は俺達とついて来い!お前は一際目が良いほうだ。この近くにいるなら、必ず足跡があるはずだ!」

「はい!」

 ハルバートはユングに声をかけると直ぐに捜索を始めた。吹雪きの中での捜索は困難を極めた。しかし、彼らは諦めずに捜索を続けた。竜騎兵達が捜索をしている最中、ケイバーはハルバートの後ろで退屈そうにあくびをした。

「大将、まだ見つからないのか? 俺なんか寒さで眠くなってきたぜ」

 彼がそう言うとハルバートは渇を入れた。 

「後ろで寝てるんじゃねーよ! 寝てるヒマがあるならお前も探せ!」

「おいおいハルバート。上空から見ても、俺には足跡がどこにあるのかまったく見えねーよ。だったらもっと下に降りてくれよ?」

 ケイバーが後ろでそのことをはなすと、ハルバートは前で舌打ちをした。

「ったく、本当に役に立たない奴だぜ。遊びでピクニックに来てるんじゃねぇんだよ!」

 彼はイラつきながらも自分のドラゴンに話しかけた。

「ヴァジュラ、もっと下に降下してやれ! お前も足跡を見つけたら俺にすぐに知らせろよ!」

 竜は言われるままに上空から下に下がった。

「これで少しは見やすくなっただろ?」

「ああ、悪いなハルバート。俺はお前ら見たいに目はよくないんでね。目が良いお前らが羨ましいよ」

 ケイバーは後ろで嫌味ったらしく言った。

「だったら下に降りて捜索するか? その方がもっと見やすくなるだろ?」

「おいおい冗談じゃねーぜ。こんな糞寒い所に置き去りにされたらシャレにならないから俺は遠慮する」

 彼がそう言い返すとハルバートは前で可笑しそうに笑った。

「確かにそれは名案だ。お前をここに置き去りにするのもいいかもな?」

「なっ、何だと……!?」

 2人は捜索をそっちのけで会話をするとリーゼルバーグが下から声をかけた。

「おい、ハルバート! どうしたリーゼルバーグ!?」

「ここに足跡があるぞ!」

「何!? どこだ足跡は!?」

「ここだ、今すぐ来い!」

 
 ハルバートは慌てて竜に命令すると上空から地上へと降りた。そして、直ぐにリーゼルバーグのもとに駆け寄ると足跡が残っている地面を確認した。



「WORLD END-終焉の鐘の音- 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く