WORLD END-終焉の鐘の音-

成瀬瑛理

第7章―闇に蠢く者―1

 閉ざされた牢獄には、たった一つの天窓があった。そこから蒼白い月明かりが部屋の中を僅かに照し出した。外は無数の雲に覆われていて、夜空には蒼い月が不気味に浮かんでいた。シンと静まりかえる夜の大地に、どこか遠くから狼達の遠吠えがタルタロスの牢獄まで聞こえた。

 夜も深まる頃、看守達は交代しながら要塞の中と外の周辺を見回りした。松明を持ちながら見回りをすると、そとから突然と聞こえてくる狼の遠吠えにゾッと寒気を感じながら震えあがった。大陸の孤島と呼ばれるこのグラス・カブナンには、人も街も余り少なかった。あったとしても僅かな街しか無かった。そして、この凍てつくような厳しい寒さに耐えられなくなった人々は次々にこの大陸から出て行った。彼らは故郷を棄てると、船に揺られながら他の大陸を目指して移住したのだった。

 人が住まなくなった街は無惨にも荒れ果てた。そして、極寒の大地には冷たい雪だけが降り続けた。雪は滅多な時にしか降り止まなかった。それ以外は毎日のように降り積もった。それはやがて人が住まなくなった街を真っ白な銀色の世界へと変えた。雪は深々と降り積もり、全てを真っ白く染める。雪に覆われた建物は、かつて人がそこに住んでいた証さえも消して行く。そして、一つずつ雪の中へと街は姿を消して行った。まるで一つに溶け込むような、そんな銀色の世界がグラス・カブナンの周辺には広がっていた。そして、故郷を捨てずに残った人々達は、身を寄せるように小さな街に住んでいた。そんな雪に覆われた大地には、獰猛な狼の群れがいた。それは野生の狼だった。野生の狼達は食べ物に困ると、たまに家畜や人間を襲ったりした。彼らは非常に獰猛で、人を食い殺すことにも一切ためらいもなかった。

 狼の群れに襲われた人々は、やがて数も徐々に減って行った。そして、人々はこの極寒の大地で生きて行く中、狼からもどうやって生きて行くのかを頭を抱えて悩まされたのだった。狼の群れは、時たまタルタロスの方にまで現れることもあった。彼らは人間達にここは自分達の縄張りだと主張するかのように闇の中を蠢いた。外で見回りをしていた監守達は、狼の遠吠えに身を震わすと足早に建物の中に入って行った。そして、彼らが姿を消すと遥か頭上の空を一羽の黒き鳥が羽ばたきながら飛んでいた。鳥は羽ばたきながらタルタロスの牢獄の方へと向かって行った。そして、要塞の一番上に建てられている塔へと向かったのだった。

「WORLD END-終焉の鐘の音- 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く