WORLD END-終焉の鐘の音-

成瀬瑛理

第5章―死と恐怖― 2

「ほう、これは良い! なかなか面白い……!」

 クロビスは新しい玩具に鬼畜の顔を浮かべたのだった。そして、彼の傷口に塩を塗り込ませながら尋問を続けた。痛みで叫ぶオーチスとは対照に彼はいたって冷静だった。

「何で牢屋の鉄格子が腐っていた? 囚人を逃がす為にお前がワザと腐らせたんじゃないのか? 手引きは誰だ、今すぐ答えろ!」

 クロビスはそう言うと傷口にさらに塩を塗った。オーチスは、激痛に身を震わせながら答えた。

「て、手引きなど私は知りません ……! 私は決して囚人を逃がしたりはしていません、どうか信じて下さい!」

 オーチスは必死にそう訴えた。するとジャントゥーユが拷問したい衝動に抑えられなくなり、熱々に熱した焼きごてでオーチスの脇腹にそれをいきなり押しつけた。皮膚を焼くような激痛にオーチスは、もがいて苦しんだ。ジャントゥーユはその様子を壊れた人間のような表情でそれを眺めた。

「イヒヒヒヒ……ウへへへ……」

 ジャントゥーユは口から、だらしないヨダレを垂らしながら苦痛の表情を浮かべるオーチスを眺めたのだった。あまりの激しい痛みに耐えられなくなった彼は、尿失禁して完全に意識を失った。クロビスは気絶したオーチスに向かって舌打ちすると、ジャントゥーユの顔を見るなり片手で顔をひっぱたいたのだった。叩かれたジャントゥーユは、クロビスに恐れてケイバーの後ろに直ぐに隠れた。クロビスは露骨に怒りを露にしたまま、ギュータスに次の指示をだした。

「鞭はもういい、コイツを椅子に座らせろ…――!」

 クロビスの命令にギュータスは黙って頷くと、彼の両手の鎖を外して椅子座らせた。そして、ケイバーがオーチスの両手を椅子に備えてある輪っかの拘束手錠で両手をガチリと嵌めたのだった。こうして狂気が渦巻くような尋問は、まだまだ続いたのだった。


――気を失ったオーチスは、座らされた椅子の上で意識を取り戻した。気がつくと自分の周りに、恐怖の4人の看守が囲んでいるのが目に入った。ケイバーは持っている林檎をひとかじりすると、クロビスに話しかけた。
 
「なあ、こいつどうする? 口を割らないなら一層のこと手っとり早く、腸を引き裂いて白状させるか?」
 
 ケイバーはそう言うと自分の持っているナイフを舌でベロリと、猟奇的な表情で舐めた。彼がそう話すと、ギュータスは側にあった斧を持った。
 
「おいおい、そんなナイフなんかよりも。こっちの斧で首をスパッとはねるのはどうだ? 最近は御無沙汰だからな、この斧がはやく新鮮な血を吸いたくてたまらねぇんだよ。なあ、オーチスの野郎をこの斧で一思いに殺らせてくれないか?」

 ギュータスは鬼畜な顔を浮かべながら、クロビスにそう言ったのだった。

「WORLD END-終焉の鐘の音- 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く