WORLD END-終焉の鐘の音-

成瀬瑛理

第5章―死と恐怖―1

 ――男が気絶したのはこれで何回目だろう。年配の看守の男の名はオーチス。彼はクロビスに疑いをかけられて、尋問する為に拷問部屋に無理矢理連れて来られた。異臭と血生臭い臭いが漂った部屋の中で、彼は拷問に耐えていた。

 オーチスが気を失うと、頭から冷えた水をギュータスがバシャッと浴びせた。冷たい水を頭から浴びせられたオーチスは、かろうじて意識を保っていた。彼の両手を鎖に繋がれて、背中を鞭で何度も打たれた。激しく鞭で打たれたオーチスの背中は腫れ上がり、見るも無惨な姿であった。背中は流血し始めて、そのまま地面にポタポタと血が流れた。オーチスは必死で自分の身の潔白を証明しようとした。しかし、クロビスは容赦なく彼の背中を鞭で何度も打ち続けた。

「なんたる失態だ……! 貴様のせいで私の面目が丸潰れじゃないか! 親父に何て説明すればいいのか答えろ、この役立たずの能無しがっ!」 

 クロビスはオーチスに罵倒を浴びせながら背中を鞭打ちし続けた。オーチスは鞭に打たれながらクロビスに必死に訴えた。

「信じて下さいクロビス様、自分は決して囚人を逃がしたりはしていません! 何かの誤解です!」

「ええい、黙れこの役立たず! 貴様は看守の癖にまともに牢屋の一つも見張れないのか!?」

 クロビスは鞭をヒュンと高く振りかざして、思いっきりオーチスの背中を鞭で叩いた。あまりの痛みにオーチスは叫んだ。


『うわあああああああああああっっ!!』


 クロビスの仕打ちはさらに酷くなっていった。しかし、それを止める者は誰もいなかった。気を失う彼にギュータスは、再び冷たい水をバケツで頭から浴びせたのだった。なかなか白状しないオーチスにクロビスは痺れをきらした。

「生意気な奴だ、こんなに鞭で打ち続けてもなかなか白状しないとは……!」

 クロビスはそう言って腹を立てると持っている鞭を床に投げつけた。怒る様子の彼にケイバーはある物を持ってきた。

「またオーチスの野郎気を失ったのか? だったらこれで目を覚ましてやるか、きっと頭の中もスッキリするぜ?」

 ケイバーはにやけた顔でそう言うと、気を失うオーチスの側に近づいて、傷口に塩を塗った。体が燃える様な突き刺す痛みにオーチスは突如、悲鳴をあげた。

『やめろぉおおおおおおーーっ!!』

 痛みに絶叫する彼の側でジャントゥーユは叫び声に喜んだ。

「もっと鳴け! もっと鳴け!」

 ジャントゥーユは口からヨダレを垂らしながら痛みに絶叫するオーチスを側で見ていたのだった。クロビスは新しい玩具にニャリと笑った。

「WORLD END-終焉の鐘の音- 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く