虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する

如月

第16話 衝撃の出来事


(レオン視点)

「そーいやミカは何歳なの?」

身長や体格的にアイリと同じくらいかなと思ってるけど...

「14だよ!」

やっぱり!僕の予想は正しかった!

「アイリと同じ歳だね」

とミカに言うと、アイリが、

「ミカちゃん私と同い年だったんですね!」

と嬉しそうに言った

「そーいや、ミカ僕に彼女いて落ち込んでなかった?気のせいだったらごめんね?」

多分そういう風に見えた気がする
間違ってたら恥ずかしいな...

「ば、バレてた...」

え?やっぱりほんとだった
ミカが話し始めた

「私ね、今日どんな男の子なんだろと思ってて、玄関でレオ君を見た時にね、一目惚れ...しちゃったんだ...それでさっきレオ君に彼女がいるって言われた時ちょっとショックだったんだ...」

ふむふむ、え?一目惚れ?

「ちょっとミカちゃん、こっちに来てください」

アイリが手招きしてミカを呼び、コソコソ話している
しばらくするとミカが顔を真っ赤にして僕のもとへ来た

「レ、レオ君!わ、わた、私と!付き合ってくれますかっ!」

と手を出てきた

僕はアイリの方を見るとアイリは笑顔で頷いていた

これは受けていいのかな?
と思い、僕は

「よろしくお願いします!」

ミカは僕に抱きついてきた
その後、アイリのもとへ行き、「受け入れてくれました!」とハイタッチをしていた

そしてミカと僕が付き合うことを言うため1階にいる父さんと母さんのもとに行った


「父さん、母さん僕ミカと付き合うことになった」

「やっぱりか」

「ミカちゃん良かったわね!」

父さんは何か予想してたみたい
ミカのお母さんはミカが僕に一目惚れしたことを知ってたみたいだ

(彼女二人かぁ....これ以上はもう増えないよね...)


フラグが立つようなことを言ったレオンだった







「虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 如月 薊

    フラグ立てたwww

    あ、引き続き僕の作品もよろしくお願いします

    1
コメントを書く