虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する

如月

第11話 告白


(あれ?私寝ちゃってた?)
そう思い目を開けると、目の前兄様がいました

(い、今ならキスしてもいいかな...)

ゆっくりと兄様の顔に近づけていく...

「あ、アイリ起きたんだ、おはよう...」

「ひゃっ!?」

急に兄様が起きたのでびっくりして変な声出ちゃいました

「お、おはようございます」

と挨拶をした

それから、昨日の出来事を全て話しました



(レオン視点)


「なるほど、アイリは僕のことが兄としてではなく、異性として好きなんだね?」

そう言うと

「はい...」

俯きながらそう返してきた

「アイリ、僕もアイリのことは好きだよ?
でも、そーいうのは父さんにもいいか聞かなきゃ、父さんから許可出たなら僕はアイリと付き合うよ?」
僕がそう言うと

「では、父様に聞いてきます!」

と走って僕の部屋から出て行った


しばらくするとアイリが帰ってきた

「兄様!父様から許可貰ってきました!」

えぇ!?出たの!?
僕は驚いた

「だから、その、レオ兄様?私と付き合ってくれますか?」

と言われ僕は笑顔で

「あぁ、喜んで」

そう返事した

「あとアイリ?恋人同士なんだからレオ兄様じゃなくてレオって呼んで?」

恋人同士で兄様って変だからね

「で、ではレオ...」

何故か顔を真っ赤にしていた
恥ずかしかったのかな?


その日僕ら兄妹は恋人同士になった



「虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー195124

    すごいスムーズでヤバタクスゼイ

    0
  • ノベルバユーザー256691

    とても面白かったです
    是非続けて下さい

    2
コメントを書く