虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する

如月

第5話 ステータス


教会に入ると神父様がいた

僕は元気よく神父様に挨拶をした
「こんにちは!」
神父様も笑顔で挨拶を返してくれた

「こんにちは、君も女神の祝福を受けに来たのかな?」

なるほど、ステータスを見れるようになることを女神の祝福と言うのか

「はい!受けに来ました!」
そう僕は答えた

「では、私に着いてきなさい」

僕は神父様のあとを着いて行く

祝福を受ける部屋に行くまで僕はどんなステータスになっているのか楽しみだった

(シーナにスキルいっぱい付けてもらったし、身体能力も結構上げてもらったからな、どーなってるんだろ?)
そう思っていると、部屋に着いた

「女神様の石像の前に水晶があるでしょう?その水晶に触れると自分のステータスが見れるし、自分以外の人にも見せることができる。ここから先へは君一人で行くんだ、いいスキルを貰えることを祈っているよ」
と神父様が言い、僕は言われた通り水晶がある所まで行った

僕は水晶に触れた

すると水晶は光り始め、しばらくすると光は消えていった


僕は、「ステータス」と言うと
目の前に自分のステータスが現れた

自分のステータスを見て驚いた



「えぇ!?」


僕は驚いて声をあげた




「虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く