虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する

如月

第2話 いざ異世界へ!

「生まれ変わりたいです!」
僕は迷わずシーナに言った

「わかった!じゃあ、その世界には、スキルというものがあるんだけど欲しいスキルはあるかい?」
そう言ってシーナは聞いてきた
どんなスキルでもいいのかな?そう思っていたら、
「どんなスキルでも大丈夫だよ〜、なんてったって神だからね、そのくらい創れるよ!」とシーナは言った
あれ?僕何も言ってないのに...
そう思っていると、シーナが、
「この空間で考えたり、思ったりした事全部筒抜けだよ〜?」
え、まじか!?
まぁ、とりあえず欲しいスキルを考えよう...



よし、欲しいスキルはこんなもんかな
紙に書いた欲しいスキルをシーナに渡した
「い、意外と多いね...」
シーナはちょっと苦笑いしていた
「それじゃあ、少し待ってね!」
そう言って僕の頭に触れた




「雪君が欲しいスキルは全部付けたよ!

付与して貰えたみたいだ
「シーナさんありがとうございます!」
僕はお礼を言った
「いいよ、じゃあ今から転生させるね!恐らく雪君は多分結構規格外なステータスになってるからなるべく自重するように!」
シーナから注意された...
そんなにやばいの?
「じゃあまたね〜雪君!」






ここから第2の人生が始まった

「虐められ自殺した少年は女神にスキルを貰い異世界転生する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く