私が、宇宙の女王になるわ!だから、貴方は私を守りなさい!

ちょこぱい

さぁ!掛かってきなさい





 嫌な予感がする。店の従業員に頼もう。


 「・・・反対側にも自販機あったよな」


 Uターンしようとした時、少女の後ろの非常扉が開き、サングラスをした大男が1人、扉の縁を潜るように入ってくると、近くにいた俺に気付いて顔を向けたが、直ぐに少女の腕を掴み引きずるようにして、また非常扉から出ていこうとした。


 そうなると黙って観てられないわな!


 「ちょっといいですか、知り合いなのかも知れませんが、そんな連れて行き方はないと思います」


 男は止まってこっちを振り向くと、黙ってまた少女を引きずり出ていこうとした。


 錬太郎は一気に距離を詰めると男の腕を掴んだ。


 「待って下さっ!!!!」


 拳が顔に飛んできた。素早くしゃがみむと、男の腹にパンチを入れると、少女を掴んだ手を離しよろめきながら後ろへ下がった。


 へぇー、普通の人間ならこのパンチで意識を失う位の威力だけど・・・人間じゃないか。


 サングラスを外すと獣の鋭い瞳が錬太郎を捉えた。そして、姿勢を低くし突撃姿勢から飛び込んでキタ!


 鋭い爪が生えた大きな手から繰り出される攻撃のラッシュを、錬太郎は後退しながら冷静に躱す。次の瞬時、錬太郎の残像を切り裂いたと同時に、男の背後に現れた錬太郎は後頭部に蹴りを当てた。その勢いのまま壁に頭が突き刺さり動かなくなった。


 「・・なんだよ、仲間がいたのか」


 振り返ると同じような体格の大男が3人戦闘態勢を取っていた。


「同時に掛かってきな、早くしねぇとおっかねぇお姉さん達が来ちゃうぞ」


 「がぁっっっっっっっっっっっぁ」大男達が突撃姿勢を取った。


 錬太郎も構えた時だった、錬太郎の背後から耳を何かが掠めて大男の胸に突き刺さり、そのまま吹き飛び壁にくし刺しになった。ミーシャの槍ブリューナクだ。


 「誰が怖いですって!」


 「熊族っぽい?」


 「錬太郎!どうしたの!?」


 咲良達が帰りの遅い荷物係を迎えにきた。


 「どうしたのって・・・人間として容認出来ない事を注意したら、襲ってきたから戦闘になった」


 「・・・後でちゃんと説明してよね」


 「お喋りは後で、団体さんが来たわよ」


 非常扉から続々と大男が入ってきて10名が咲良達を囲んだ。


 「咲良達といると楽しい事がいっぱいだね」槍を呼び戻して構え直すミーシャ。


 「楽しくないわよ!!なんで何時もこうなるのよ!錬太郎のお馬鹿!」宝剣アマラスを召喚するレイカ。


 「全部錬太郎のせい!後でお仕置きだかんね」黒炎の女神になる咲良。


 善いことをしたはずなのにこれだ!不幸だ!取り合えず、彼奴らは3人に任せて、子供を巻き込まれないように避難させよう。


 錬太郎は少女を抱えると咲良達の後ろに付いた。


 「さぁ掛かって来なさい!!」


 「グォォォォォォォォォォォォォ」












 

「私が、宇宙の女王になるわ!だから、貴方は私を守りなさい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く