現代転生で運極振りするとこうなります

蛇に足

14.クリスマスパーティー終わりに







クリスマスパーティーもプレゼント交換会を終え、そろそろ片付けに入ろうかとしていた。


そんな中、高藤京也と八上鶫の二人が一緒に話をしていた。




「あ、あのっ!八上さん!」


「ん?あれ、どうかしたの?高藤くん。」


「えっと、その、僕、八上さんを一目見たときから好きでした!!八上さんに一目惚れしました!!ぼ、僕と付き合ってくれませんか!!?」


と、京也の恐らくは緊張でいっぱいの告白はこの片付けに入る寸前のダイニングに響き渡った。


ダイニングはその瞬間静まり返り、皆その京也の告白が成功するか否かを固唾を飲んで見守る。


「ふぇっ、えっ!?わ、私ですか!?」


と、ちょっと慌てて顔を赤らめながら事実確認をする八上さん。
この様子を見て俺はもしやと思う。


「は、はい!勿論です!!」


「あ、あの、私もその、高藤くんのこと気になってて······だからその、わ、私こそ、高藤くん!!私と付き合って下さい!!」


まさかの逆告白になるというかなり予想外、予想の斜め上を行く展開となってしまった。で、と言うことはお互いに両思いだったと言うことが分かった。
なのでその結果は勿論


「は、はいっ!!こんな僕で良ければ、勿論です!!これからよろしくお願いします!!」


となる訳だ。


いやまあ、それにしても何だかんだで上手いこといって良かったなと思う。それに今日はクリスマスだからね。もうすぐで日付変わるところだったけど。


それになんとも初々しい。お互い顔を真っ赤に染めちゃって。俺が佳澄に告白したときはなんともあっさりとしちゃって拍子抜けしたものだった。まあ、今とは状況が違ったからタイミングが違えばまた違った告白になっただろうけどね。


「さて、無事に京也の告白が成功したことだし、そろそろ片付け始めようか。」


と、少し甘い空気になっていたタイミングの空間をもとに戻して、もう時間も遅いのでさっさとある程度の片付けを済ましてしまおうと片付けを始めた。


それから人手もあったことでものの数十分でダイニングは片付いた。


「それじゃあ後は俺と佳澄で片付けておくよ。もう遅いから終電も出てるし、タクシー代渡しておくよ。余ったお金ならそのまま持っておいてよ。別に返さなくていいからさ。えーと、隆治は泊まってくんだったよね?」


「ああ、そうだけどそれがどうかしたか?」


「ううん。別になにもないけど。」


そんなところでいきなり佳澄が提案をしてくる。


「あの、もし皆が良かったらなんだけどね、家に泊まっていかない?十人位なら十分ベッド足りるから。」


佳澄のその言葉に考え始める七人。


「ねぇ、佳澄。ホントにそんなに泊められるの?確かに佳澄の家は広いけどそんなに客室ある?」


「う、うん。その点に関しては大丈夫だよ。万が一足りなくても私と二葉がい、一緒に寝ればいいから·······」


と、そう言って顔を赤くする佳澄。


「佳澄と一緒かぁ。いいねぇ、それ。うん。そうしようか!俺は佳澄と一緒に寝ることにするよ。」


「ふぇうっ!ふ、二葉が良いなら私もその、一緒に寝たいな♪」


俺と二葉がそんな甘い雰囲気を醸し出しているからだろう。それに触発されて京也と八上さんが暴走しはじめてしまった。


「あ、あのさ、鶫。ぼ、僕たちも、その、一緒に寝ないかい?」


「う、うん。それ、良いね♪私たちも一緒に寝よっか、京也♡」


とまあ何かの変なスイッチが入ってしまい収拾が着かなくなった手前、結局皆で佳澄の家に泊まることになったのだった。


で、俺と佳澄は一緒に寝るとして、京也と八上さんは一緒に寝ると強行してこちらの言うことを聞かないので『恋人同士だしまあいいか』というようなノリで一緒の部屋にしてしまった。他は別に個室にしたのだけどあの美代さん含む残りの女子たちも何故か顔を赤くしてしまったのは何かを想像したのだろうか?


でもまあ、恋人でもない男女を悪ノリで一緒の部屋にしてしまうのは倫理的に宜しくないので別々にした。まああの男共なら別に手出しはしないと思うけどね。念には念をというやつだ。


そのあとダイニングでの話を終えた俺達はそれぞれ部屋に案内され、佳澄の家の大きな風呂に入ってそれぞれベッドに入った。






「ふふふ。こうやって二葉と横になって寝るのって初めてだね♪あのね、私、こう見えても今、スッゴくドキドキしてるんだよ?二葉はどう?」


「う、うん。俺も凄くドキドキしてる。だって、好きな人と一緒のベッドで寝てるんだよ。ドキドキしない訳がないよ。」


「やっぱり、二葉もドキドキしてるんだね·········ねぇ、私とね、その、き、キス、そう、キスしてくれない?私のファーストキス。」


少し恥じらいながら佳澄が言葉にしたことは、それだけで俺が十分に驚くお願いだった。


「えっ、きす?もしかしなくてもキス?」


「う、うん。そう、だよ?ダメ、かな·········」


「う、ううん!全然ダメじゃないよ!その、俺だって、佳澄と、キス、したいから。」


「えへへ、そ、それじゃあ、キス、しよっか♪」


そして俺は、月明かりが差して少し、ほんの少しだけ明るい部屋で、俺の大好きな佳澄のその柔らかな唇にそっと口づけをした。


「·······んっ、········ふっ··········」


キスしている間、少しばかり吐息が漏れる。


「·····ぷあ。ど、どうだった?キス。」


「うん。スッゴく、スッゴく甘くて、幸せだった♡」


「お、俺も、そのとっても幸せだったよ♡」


その後も感情(愛)を押さえきれなかった俺達は何度も口と口を重ねて接吻した。


その12月25日のクリスマスが終わり、12月26日となったその夜に俺も、佳澄も、初めてのキスを経験したのだった。


それは、とても甘くて、幸せで、とても満たされるようなキスだった。







「現代転生で運極振りするとこうなります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー327396

    続き待ってます!!

    0
  • ノベルバユーザー343699

    面白いです!投稿頑張ってください!

    1
コメントを書く