現代転生で運極振りするとこうなります

蛇に足

10.クリスマスパーティー準備







今日はクリスマスイブの12月24日。


時計店でアンダーンの注文をしてからは二週間ほどが経っている。その腕時計自体は丁寧にラッピングされた状態で今日に届いた。で、現在俺はインターネットで食材を注文している。クリスマスパーティー自体は当日の夜からなので、今日頼んでおけば今日中に届くので十分な余裕をもって佳澄宅に持っていくことが出来る。


まあ、ネットで注文するので少々割高なのだが······
それに関しては俺の現在の所持金では余裕で払える額だ。それが例え高級食材ばかりだとしてもだ。
他のメンバーは当日、バスや地下鉄など公共交通機関を駆使して来るそうだ。なんか隆治だけ車で来るそうだけど、隆治っていつの間に車買ったんだ?隆治何もそんな連絡寄越さなかったんだけどね。まあ、それはいいや。俺も車あるし。


いや、やっぱ気になるからラインで聞いてみるか。


そう思いスマホを取り出して隆治に車をどうしたのかの旨を伝えた。


するとものの数分で返信してきた。その内容はどうやら親に買ってもらったらしい。隆治の親も相当だと思う。何せ大学生に車を買い与える親なんてそうは居ないだろう。俺は自分で買ったけどそれも例外中の例外だろうと思う。世の中に自腹で車を買える大学生がどれだけ居ることやら。


そんな話はどうでもいいか。


気になったから隆治には少し失礼だとは思いながら隆治の家のこと聞いてみたらどうやら隆治の家。三上家は海運業で儲けているらしくてその規模は日本でも一二を争うらしい。その為に車ですら息子のために買えるらしい。


初耳だった。まさか隆治までもが資産家の一族とは思わなんだ。この調子で俺の交遊関係がどうなっているのか調べるのも面白そうだけど、まあ流石にほかの友達は普通(と言ったら失礼だが)だろう。佳澄と隆治だけが特別だと思いたい。いやそうであって欲しい。確かに資産家の息子娘と関係を持つことに関しては別に不利益なことでは無いだろう。まあ、少々厄介なしがらみとやらもある場合があるのだろうけども。


「はーあ。何して暇潰そうかなぁ······」


現状特になにもすることはない。会場の準備担当は会場が佳澄宅なので佳澄が担当しているし、その関係で佳澄は今忙しいので俺と出掛けるのは無理。その他の友達も準備することがあるとかで来られないらしい。一体何の準備しているのか分からないけれど皆忙しそうなのでそっとしておく事にした。


でも、本当に暇だ。だって、俺のしなければいけないことと言えば食材の調達だけで、プレゼントの用意も済んでいる。なので今日一日暇を持て余すばかりだったのだ。


「そう言えば俺の分の腕時計新調してなかったな。でもまあこのG-SHOCKも思い入れのあるものだし長く使いたいから暫くは必要ないかな。それよりもスマホは流石に変えないとな。これ何時のだっけ?確か5年以上前の奴じゃなかったか?まあ、クリスマスパーティー終わった後に変えればいいかな。」


とここまで言って気付く。何で俺はこんなに独り言ばっかり言っているのかと。俺ってこんなに独り言言うキャラだったかな?


とは言え家にいてもすることはないので今日はそのままネットサーフィンとか映画鑑賞とかして時間を潰して風呂入って寝た。








翌日。ベッドで目を覚ました俺は適当に朝食を用意してから髪の毛を整えたり歯を磨いたりしてから、服を着替えた。勿論女物の服である。男物を着たら逆に似合わないのは自分が一番知っているので着ることはない。


それから昨日のうちに届いた食材(段ボール詰めされている)は車に乗せた。でも到底1往復では持ちきれない量なので3往復してようやく全て乗せきった。


後は昼食をここで摂ってから佳澄の家に向かう。


俺は昼食を食べて地下駐車場に向かい、レクサスのエンジンを鳴らしながら(非常に静かだが)佳澄の家に向かった。








ピンポーン


俺は呼び鈴を鳴らして佳澄を呼び出す。
暫く待っているとその無駄に大きな玄関から佳澄が出てきて目の前の門を開けてくれた。


「いらっしゃい、二葉。今からガレージ開けるからそこにまた車停めといてね。」


「うん、ありがとうね。あ、その前に食材だけ先に運んでおくよ。ここで出した方が都合がいいからね。」


「分かった。それじゃあ私も手伝うね。」


そうして、今度は佳澄も手伝ってくれた事もあり2往復で済んだ。
そしてその後は佳澄が開けてくれたガレージに車を回してそこに停めた。


ほかの皆はまだ来ていない。それに関しては俺たちが皆には夜に来るように伝えたので現在昼なのでまだ皆が来るまでは時間がある。その間に最後の仕上げをするのだ。


主には食材の調理だけどね。それに今回は佳澄の家のお手伝いさんも加勢してくれるらしく、量は多いがスムーズに終わりそうだ。


「うわぁ、凄い。これ、佳澄が全部やったの?」


家に入ってリビングに向かえばそこは完全にクリスマス一色だった。立派なもみの木にイルミネーションや様々な装飾が施されており、他にも部屋中に装飾が施されていた。


「ううん。流石にこれ、一人じゃ無理だよ。使用人さんに手伝ってもらったんだ。じゃないと私だけじゃ間に合わないからね。」


まあ流石にそうだろうね。多分簡単に見積もっても俺一人だけですればこの装飾は丸二日はかかるだろうと思う。


「それじゃあ食材だけ先に下ごしらえしておこうか。」


そう切り出し、佳澄と共にキッチンに向かった。







「現代転生で運極振りするとこうなります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く