現代転生で運極振りするとこうなります

蛇に足

8.金持ちとは







美味しかったなぁ、広東料理······


あれから中華料理店で広東料理を堪能した俺と佳澄。


「ねぇねぇ。二葉はどれが一番美味しかった?私はあの焼売が一番だったかなぁ。あの出汁が効いててしかも皮も中々張りがあって良かったと思うんだけど。」


「うーん、そうだなぁ、俺は叉焼チャーシューかな。表面が甘くて美味しかったよ。」


「叉焼ね。確かにそれも美味しかったね。また来ようか。」


「いいかもね。久し振りに中華料理食べたけどやっぱり美味しかったからまた来たいと思うよ。」


「そうだよね♪じゃあ私ここだから、二葉も気をつけて帰ってね。」


「分かってるよ。それじゃあ佳澄、またね。」


「うん。またね、二葉。」






そうして佳澄と別れた後に俺は家に帰宅した。






「はー。さて、もういい時間だし風呂入って寝ますか。」


そう言い、脱衣場に向かいそのまま服を脱いだら予め沸かしておいた風呂に浸かる。


「ふぁー♪やっぱり風呂って最高だな。疲れがとれる。」


チャプ、と音を立てて肩までお湯を掬う。そしてそのまま肩にかけ流した。


「思えば不思議な体験だよなぁ······」


不思議な体験ばかりだった。一番は勿論死んだあとに神様に出会って転生したということ。


現代の常識に照らし合わせても非常識以外の何物でもない。そもそも俺だって未だに転生したと言う実感が湧かないし。この世界には不思議な出来事が沢山あると言っても流石に転生なんて予想もしていないのは当然だと思う。


常日頃からサブカルチャーがネット中に散乱しているこの現状でも実際にそんなことが起こるなどと誰が予想をしようものか。普通に生きていると、例えそんなサブカルチャーで転生というものに憧れを持っていても心の内では絶対にそんなことは起こらないと思うものだろう。事実、俺もそんな類いの作品を読んだことがある。しかしそれはあくまでも人間の空想であって起こり得るものではないと確信していた。しかし、これである。俺はその転生というものを実際に体験してしまった。


人間が想像出来ることは全ていつか現実になる。そう言う人も居るのだろうけども、それは俺はあくまでも技術に限ってだけはそうだろうとは思う。しかし、転生等と言う非科学的な現象はいくら人間の想像でも無理があった筈だ。ましてや神等と言う存在は宗教上存在していても、実在しないことは全ての人類がそうであると分かっていた。しかし、俺は本物の神様に出会った。だから俺は神は実在すると信じている。宗教上の神ではない。人間が空想で造り上げた神々は恐らく存在しない。しかし、それとは全く別の神は存在した。そしてその力も凄かった。俺に運と言う祝福を与えてくれた。そしてその効果はおおよそ俺が認識できる範疇を越している。単に金だけではない。それに釣られて国が、世界が。そんな規模で幸運が包んでいる。今はまだそれほどではないが今後そうなると確信している。だって、この短い期間だけでもこれだけの富を築く事が出来たのだから。恐らく今年の世界長者番付では俺はビリオネア入りを果たすだろう。その資産は10億ドル以上でないといけないが既にそれを越しているので確実に入るだろう。
そうすれば恐らく史上最小年齢でのビリオネア入りではないだろうか?俺はまだ22歳だからだ。今年度でようやく大学を卒業するのだ。


よく、ビリオネアが大富豪として扱われるが────果たして個人で10億ドル何て言う巨額が必要だろうか?答えは否である。必ずしも生きるためにはそれほどの大金は必要ない。金は貯めるよりは積極的に放出した方が経済が回って景気も上向く。


しかし、同時に人間とは貯めたい生き物だ。その巨額を見たときにほぼ必ずこう思うだろう。『もっと貯めたい』と。


何せ数字がどんどん増えていくのを見ていると無性に気分が高揚する。今の俺がそうであるように。だから金持ちは金を溜め込む。そして更に富を築きそれを貯蓄する。そうしてそれの連鎖が続き、世界一の大富豪なんてその個人資産はそれなりの国家の年間予算にも匹敵する。恐らくそれだけの金があれば何をしても減らないだろう。尤も、それの全てが現金であるわけではなく、株として、古美術として、土地として、金品として、様々な形で資産を保有しているだろうから一概にそうとは言えないが、もし、その資産全てが現金ならば尽きることは無いだろう。それに、それだけの金を持っていると使うよりも増えていく。だから減らないのだ。


そして剰りに金が多いとそのうち使う先を絞られる。投資とか、献金とかだろうか。個人の趣味で使うには些か多すぎる。それこそプライベートジェットやクルーザーなんてものを買っても目減りはしないだろう。


世界一の大富豪なんてそんなものだ。その一人分の資産でどれだけの貧しい人がちゃんとした服を着て、食べ物を食べて暮らせるだろうか。


富は偏る。それは仕方のないことだ。そう割りきるしかない。人がどれだけ努力しようと現状では富の偏りはどうしようもならない。


と、そこまで長考するとのぼせそうだ。


俺は湯船から上がり、頭を洗おうとシャワーで頭を濡らした。












■■■■










「はは。柄にもないこと考えちゃったなぁ。でもまあ、金持ちは幸せなのかと言えばそうじゃないんだろうな。金持ちには金持ちなりの悩みが·······って、無いかな?人であるかぎり悩みは尽きないよね。」


既に時刻も00:00を回っている。部屋はテレビも点けていないこともあり非常に静かだ。外からは僅かに車のエンジン音が聞こえるばかり。


「さて、そろそろ寝ようか。明日も早いからね······」


そうして俺は眠りに就いた。





「現代転生で運極振りするとこうなります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く