Mechanical War

語彙力不足

02

「はぁ〜 あと1時間も授業があるのか〜」

明美は残念そうに言うと

「いや、今日は5時間授業の日だってば!」

と美咲にツッコミを入れられた。
明美はまだ今日が6時間授業の日だと思っているらしく

「またつまらない嘘で騙そうとしているのか〜」

と言って携帯電話を取り出しカレンダーを起動し、今日の日付を確認した。

「...えっ、嘘!今日5本当に時間授業の日じゃん!」

徹夜でもしたのだろうか、明美の曜日感覚が狂っている。

(ゲームとかに夢中になってたのかなぁ〜 あ、そもそも徹夜はしないって言ってたし... じゃあなんでこんなに眠そうなのかなぁ〜)

不思議に思った喩月は、明美に

「なんで今日はこんなに眠そうなの〜」

とストレートに尋ねてみた。

「実はさ、宿題のレポートを書くときにお父さんのパソコンを開いたのよ」

「!!」

明美が答えている途中で喩月と美咲が何かに反応した。
何か引っかかる言葉でもあったのだろうか。

「え、待って!レポートの宿題ってあったっけ?」

「どうしよ〜 何もやってない〜」

二人とも宿題という言葉に引っかかったらしい。まだ手をつけてないのだから当然といえば当然かもしれないが...

(おいおい...)
明美は一瞬呆れた様子を見せた。

「...そろそろ話を戻してもいいか?」

「は、はいっ!オッケーです!」

「...でさ、そしたら面白そうなデータが出てきて〜、それを見ていたら夜が明けていた」
徹夜をしていたらしい、自分からしないって言ったくせに。

しかし、人が寝るのを忘れるほど面白いデータとは何なのか、気になってしまうのが人間というものだ。

「因みに何のデータ?」

今度は美咲が尋ねる。
と、明美の表情が変わった。
言葉に表しにくい表情だったが、それがヤバいデータだったということはなんとなく想像できた。

「何かの資料だったけど、極秘と書いてあったから詳しいことは...」

「そっか〜」

予想どうりの答えが帰ってきた。

極秘資料の詳細が分からず残念な気持ちを隠せずにいたが、少しだけ分かったことがある。
それは「面白い」ではなく、あくまでも初見では「面白そうな」データであり、一般人が触れてはならないものであることだ。

二人とも何故か分からないが、嫌な予感がしていた。




あれから数十分、帰りのHRが終わりクラスの皆が下校を始めていた。

喩月と美咲はまだ帰ってはいないようだが、いつもよりも少しテンションが低いような感じがした。

(もしかしてアイツらを結構ガッカリさせちゃったのかな... あっ、そういえば今日は5時間で暇だし、たまにはゲーセンに言ってアイツらと楽しむのもありかな... )

そう思った明美は

「今日暇だしゲーセン行こうと思うんだけど…一緒に行かない?」

と喩月と美咲を誘ってみた。

「じゃあ...行こうかな」

と美咲が誘いに乗ると、

「私も行こうかな〜」
 
と喩月もテンションMAXで誘いに乗った。

気がついたら美咲も明美もテンションMAXになっていて、さっきまでの雰囲気が嘘みたいに思えてきた。

(これで決まりだっ!)

「よっしゃ!遊ぶぞー!!」

3人ともあの資料のことなんかすっかり忘れて遊びに言った。











「Mechanical War」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く