冬の稲妻

ブラックベリィ

052★それは、キスマークだ

 「あのな、雅美、女っていきものに
  理想もっているかもしんねぇ~けど

  お・ん・なって生き物は
  お前が思っているより

  結構面倒な存在なんだぞ」

 秀人に言い切られて、雅美は言い返す言葉が思いつかなくて黙ってしまう。

 「うぅぅー…………」

 そして、プイッと横を向いた雅美は、自分の腕に散る紅い痕に気付く。

 「ねぇ、秀人君
  秀人君のベットって虫さんいるの?」

 俺のベットに虫?
 そんなモンいるはずねーけど?

 「あん、何でだ?」

 秀人の質問に、雅美は腕を差し出して言う。

 「だって、ほら、ここ」

 差し出された腕を見て、秀人は内心舌打ちする。

 「うん?」

 あっ…やっべぇー………
 雅美が、気が付かない場所にも…………

 俺ってば、けっこうキスマークを着けた………
 所有欲ってヤツが強いらしい

 首筋……胸周辺……内腿なんて………
 あははは……言い訳……するより……

 夕べの雅美をなだめる為に、色々な刺激を……
 キスから、どんどんエスカレートしたから……

 って、本当のコトをあっさりと言うしかない
 その上で、俺としたコトは…………
 気持ちのイイコトだったって、教えてしまえば………

 秀人が慌てたのは一瞬のことで、直ぐに開き直った。



「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く