冬の稲妻

ブラックベリィ

050★感覚の違い?


 女の人って、なんかその程度の存在って言ってるよね……。
 無意識なんだろうけど……。

 お母さんと、良い関係を築くことが出来なかったってコトだよね…………たぶん、きっと………。
 ボクもそうだから…………。

 でも、ボクには、お腹は痛めていないけど、胃はめぇーいっぱい痛めたって言う存在がいたからなぁー…………。

 頭の中はウニウニしているけど、雅美は秀人に再度、キツイこと?を言う。

 「あきっぽいって………
  なんか…ひどくない?」

 ヤバっ……雅美は……普通の感覚の人間だった。
 ここは、適当に理由をつけてごまかすしかないな。
 キラワレルのはイヤだ。

 雅美の言葉に、秀人はマジメな表情を作り答える。

 「ほら、ギドラの
  看板目当てだって
  すぐに判るから……

  そんなの……
  ブランドモノ
  買ってやって……

  ポイッ…するほうが
  イイだろ?…」

 秀人君の言う通りなんだけど…………。
 でも、なんか、ちょっと……いや、かなぁ~りおんなのひとが可哀想な気がするんだけどぉ…………。




「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く