冬の稲妻

ブラックベリィ

047★苦笑いしかない


 あれっ? 秀人君ってば……笑ってる?
 ほんとぉーに、別れたいおんなのこがいるのかな?
 ちょっと……つっいて……みよう。

 が、機嫌よく笑っている秀人の表情を見て、雅美はちょっと復活する。

 「いいなぁーもてる人は
  平気で、それ言えるんだもん

  ………秀人君、女の人
  何人ぐらいいるのぉ?」

 敢えて内心を口にせず、雅美は秀人に純粋な興味から尋ねる。

 「忘れた」

 が、返って来た答えは、雅美の予想通りだった。

 「言ってみたい
  そういうセリフ」

 秀人の発言に、むっとした雅美は、その内心を再び、ちょっと口にしていた。

 「……はぁー……
  いいなぁー
  秀人くんってもてて」

 「…………」

 雅美のセリフに、秀人は苦笑するだけだった。

 おんなが、我がままで、身勝手で、面倒な存在だって、判ってないよなぁー…………。
 まっ……本当の意味で……雅美は…………。
 おんなと寝たことが無いから…………。

 確かに、すっきりするけど、その後が、ウゼー………。
 勝手に、愛してるなんて言い出す…………。

 そんな関係なんて………して…ないのに…………。
 無視すると、ストーカーになるわ…………。

 死んでやるなんて…………ワケワカンネェーこと言い出すしよー…。




「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く