冬の稲妻

ブラックベリィ

043★翌日の2人 その1



 翌日、早朝開口一番の雅美の言葉に、秀人は苦笑する。

 「秀人君、あのね、あのね」

 「うん?」

 雅美は、ちょっと顔をしかめて、秀人の腕の中からその顔を見上げて言う。

 「躯が重いし、喉が痛いの」

 首を傾げて言う雅美に、秀人は表情だけ不思議そうな顔をする。

 「声、かすれてるなぁ、雅美」

 「うん、それでね
  昨日の記憶がないの」

 首を傾げて言う雅美に、秀人はクスクス笑いながら尋ねる。

 ふぅ~ん、こいつ、酒に弱え~んだ。

 「全然か?」

 酒飲ませて、やろう。
 ま、姑息とは思うが、やらせちまおう。

 「う~ん………
  わかぁんない…」

 そんな雅美の様子に、秀人は内心でラッキーを連呼していた。

 雅美、安心しろな。
 バック、全部は、使わないからな。

 スッと秀人は雅美を組み伏せ、クスクス笑いながら名前を呼ぶ。

 「雅美」

 秀人の行動に、疑問を持った視線で雅美は見上げる。

 「うん?」

 秀人は、楽しそうにしながら口を開く。

 ふむ、どの程度まで教えればいいかなぁー。

 「お前はなぁ…………」

 「うん」

 「カミナリ怖がって
  仕様が無かったんだぞぉ」




「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く