冬の稲妻

ブラックベリィ

040★ちょっとした対抗心?


 カミナリが、まだ、鳴ってるから、ボクの意識を自分に向ける為に、あのご一行様が大嫌いなのに、がんばってくれてるんだぁー…………。

 ごめんね……ボクの為に……苦手なをはるかに超えてるBLのまねをしてくれてるんだね。

 ボク、がんばるよ……秀人君……気合だよね。

 「やるもん
  やれるもん、それくらい

  苦しいの止めてくれるなら
  やるもん

  だから、秀人君
  躯、起こして」

 秀人は子供っぽく膨れて言う雅美の頬に口付けて、耳元に確認の意味で囁く。

 「ああ? マジで
  やる気なのか? お前」

 オイオイ………いや、雅美の性格がこういうヤツだってわかっていたけど、本気でできるかぁ………嬉しいけど。

 「やれって言ったの
  秀人君……やぁん……」

 ほぉー、本当に出来るのか?雅美。
 そこまで意地を張るのか?雅美。

 目の前に座り込み、自分の雄を手に取り、大きく口を開けて顔を股間に埋める雅美に、秀人は感動していた。

 「あむっ」

 1回口に含んでから、雅美は秀人にいちゃもんをつける。
 自分に正直な雅美ならではのセリフだった。

 「秀人君のおっきすぎるよぉ
  ……あむ……口ん中に

  うまく入んないんだもん
  ………齧っちゃおうかな」





「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く