冬の稲妻

ブラックベリィ

038★快感?快楽?でも苦しいの


 秀人の与える快感に、性的経験のほとんどない雅美は、付いていけなくなり苦しんでいた。
 が、それでもやりたい盛りの高校生。

 性的なことには好奇心たぁーっぷりだし、カミナリは怖いしと色々な思いが混ざっていたので、大きすぎる快感に苦しみながらも、止めて欲しいとは思っていなかった。

 そんな雅美の表情と嬌声を楽しんでいた秀人は、止めてやる気などまったくなかったが、雅美に質問する。

 快感を嫌がったりしても困るし、俺を嫌ったらイヤだから…………とりあえず、共感するふりでもするかぁ。

 「本当に、苦しいのか?雅美は」

 愛撫の手を緩めない秀人の問い掛けに、雅美は即座に答える。

 「うん」

 気持ちイイのは、確かなんだけど、苦しいのも本当なの。
 でも、秀人君に、どう説明したらイイか?判らない。
 だけど、止めて欲しいわけじゃないから……困っちゃう……。

 秀人は、雅美に女性経験なんて無いと判っていた。
 その為に、雅美が、快楽を知らないことも、快感を逃がすことも出来ないと知っていた。

 だから、雅美にとって、良すぎる快感は、苦痛にしかならないことも理解《わか》かっていた。
 それでも、自分の欲望(出来れば、雅美を抱きたい)の為に、しれっと言う。

 「気持ち良いんじゃないのか?」









「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く