冬の稲妻

ブラックベリィ

037★言い訳は……飽きたから……がベスト


 もし、仮に、口を使わせてもらえないとしても、この顔だけでイけそうだな、俺も。
 オカズがあれば十分、十分……安全だしな。

 うんうんと一人頷きながら、勝手にそう思い込み、無意識に丁寧な愛撫を与えて、雅美に声を上げさせる。

 「やぁーん……
  ひでとぉ……くぅ…ん……」

 安全だろ。
 うっとぉしくないだろ。
 手間はかからないだろ。

 よし、決めた、女と手ぇ切るべ。
 本命で来たからでいいか……………。

 いや、まてよ、本命ができたなんて、女達から、アイツらに話がいったら、俺の行動を見張ってでも、調べようとするに違いない。

 いや、飽きたからにしよう。

 本命できたなんてやった日にゃあ、こいつのことがバレたりしたら大変だ。
 やばいな、本命説は………やっぱ、飽きたからにしよう。

 内心で指折りし、秀人はあっさりと決心した。

 「いやぁぁ………ん」

 「なんだ、もう
  苦しいのか? 雅美」

 「うん、苦しい」

 「どういう風に苦しい?」

 「あのね…気持ち良いのが
  とまんないのぉ~……

  気持ち良いのが
  とまんないから……

  苦しいの、苦しいの」

 流石に、キツイらしく、雅美は秀人の愛撫に溺れ、髪を振り乱してもだえる。




「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く