冬の稲妻

ブラックベリィ

034★欲望と快楽


 ……あ……やったやった、秀人君のおっきくなった。
 ……うん………できた……。

 手の中の感触に、雅美はにっこりと心底嬉しそうに笑う。

 雅美の悪戯に、一瞬だけ正気になった秀人だが、その心地よさに、あっさりと理性をポイする。 

 ……まさみ…お前…酔ってるんだな?
 はぁー…びっくりした。

 …でも…このままにしよう……。
 やっぱ…気持ちイイほうが、俺も楽しいしな……。

 雅美の行為に、秀人は内心を隠してにっこり笑って言う。

 「どっちが、先にイかせるか
  …競争だな、雅美」

 すかさずその快感を手放すまいと、秀人は姑息にも雅美の競争心を煽る。

 「競争?」

 競争?かぁ……がんばろう……。

 雅美は秀人の言葉にのせられて、秀人にされていることを真似していく。
 そう、優しく丁寧?に秀人が気持ち良くなるようにと思いながら、雅美は秀人自身を触っていく。

 ふふふふ………まっ、それなりに気持ち良いけどなぁー。
 うーん、いけない道に入っちまいそうだなぁー………。

 あははは………ま、いいや。
 突っ込まないように気をつけねぇーとな。

 流石に、こう気に入っちまうと、手放せない。
 それに、嫌われるのはごめんだからな。






「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く