冬の稲妻

ブラックベリィ

032★この快感たまりません



 ただし、秀人は雅美に拒否の言葉を吐かれたくないので、雅美の口をしっかりと深いディープキスでふさいでいた。

 「え?」

 それに驚いたのか、雅美の躯がビクッと震える。
 秀人は、その反応に〈やばいかな〉と思い、愛撫をきつくしていく。

 唇を封じられて雅美は、確かにあがいたが、それは秀人が思った内容とは、まったく違っていた。

 唇封じられたのかな? もしかして、僕って。
 でも、ああ、気持ち良い。

 でも、秀人君、どこ触ってんのぉ……気持ち良いじゃない。
 そんなとこ触られたら……もっと…気持ちイイじゃない。
 もうちょっと…足…開いちゃお。

 雅美は、初めての体験(快感)に完全に酔っていた。
 だから、秀人の行為を、拒否することなど出来なかった。

 なぜなら、探られる事で起きる疼きに………秀人の行為による快感を楽しむ事に……雅美は夢中になってしまっていたからである。

 そして、雅美は可愛らしく秀人に縋り付き、秀人の欲望を煽り、貪欲に秀人を求めていく。

 「秀人君、もっと」

 えっとぉー……筋肉さん締めちゃお……っと……ぅん。

 雅美の可愛い要望に、秀人は楽しそうに笑って、雅美の中を雅美が感じられるように触る。

 おっ…テクか? …雅美。

 「雅美、こうか?
  …それとも………」

 


「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く