冬の稲妻

ブラックベリィ

030★いけない扉が開く時


 うーん、そそるなぁ、雅美。
 なんて色っぽいんだ、お前は…可愛すぎるぜ。

 秀人は雅美の顔を見て、邪な笑顔を浮かべ話しかける。

 「うん…さっき、ほら
  銭湯にいた男達がな

  やりたいって言った事
  雅美はわかるか?」

 くすくすと、知らないだろうという意味をこめて言う秀人に、雅美は可愛らしく答える。

 「わかぁ~んない」

 その答えに、笑いを隠せないまま、悪戯な表情で秀人は雅美に口付けて囁く。

 「今、教えてやるからな」

 「うん」

 なんの疑問を持つ事もなく、秀人の言葉に雅美は好奇心ありありの顔で、喜々として頷く。

 「やぁーん、くすぐったいのぉ」

 雅美の顔を見ながら秀人は、雅美の中に指をするりと入れて感触と反応を確認していた。

 ん、なんとなくここの感触違うかな?

 「きゃん」

 雅美は素直に快感を、表情と態度と声に出していた。

 あ、可愛い反応……………見つけた。
 ここだ、ここだ。

 「雅美、いいだろう
  もっとよくしてやるぞ」

 秀人は、雅美のイイ場所を何度も抉って、雅美に嬌声を上げさせる。

 「きゃぁーん」

 声を上げて、受けた快感に腰を振るわす雅美の姿に、秀人はにやりと笑ってから、ペロッと舌なめずりをする。





「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く