冬の稲妻

ブラックベリィ

027★その反応が………

 秀人は、それを確認してから、雅美の表情や反応を観察し、ゆっくりと、指を蠢かしていく。

 おっ、いい反応……ここか? 感じるのは。
 じゃ、こうやったら…………。

 「…あっ…あぁ………」

 ………んじゃ、お前、こんな連携だったらどんな反応する?

 「…でと…くん……ぁん」

 秀人は、雅美の可愛らしい胸のアクセントを齧ったり、雅美の男の子をつんつんつっいたりして遊ぶ。

 そう秀人にも、判断能力は無かったのだ。

 「や、やぁーん
  秀人君、もう、やっ」

 ん、おっと…と……可愛いじゃねぇーかよ……そんなに感じているのか? 雅美………クスクス、本当に可愛いぜ。

 雅美が、感じすぎて嫌がると、すかさず秀人はすべての動きを止めて、雅美に意地悪く尋ねる。

 「なんだ、嫌なのか、うん?
  ほら止めたぞ……
  これで良いか? 雅美」

 行為を中断された雅美は、秀人の首にからめた腕で、引き寄せて可愛らしく愛撫のおねだりをする。

 「ひでとくん、してぇ」

 甘い声で言う雅美に、秀人は瞳を細めて言う。

 「嫌だっつったのは
  誰だ? 雅美」

 その言葉に、雅美は首を振って、さっきのようにおねだりを繰り返す。




「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く