冬の稲妻

ブラックベリィ

026★オカズになりそう

 「仕様がねぇーな」

 そう呟いてみせるが、実際には口とやってる事が別で、秀人は結構、雅美の反応を楽しんでいた。

 可愛い、可愛い、なんて可愛い反応なんだ。

 「ふむ……雅美
  誘ってみろよ………
  そしたら、もっとしてやるぞ」

 その言葉に、雅美は小首を傾げてから、かじりついていた腕を秀人の首に回す。

 そして、深夜放送でかかっていた、つい一昨日聞いた、女の人の誘いの言葉をそのままやってみる。

 えっとぉ………えっとぉ……確か、昨日のって………こうかな?……。

 「ねぇー…ひでとぉ……
  ほしいの……」

 その言葉に、ズックンと股間を刺激それた秀人は冷や汗を一瞬浮かべる。

 うっ……やっべぇなぁ…マジで犯っちまいそうだぜ……くらくらする……。

 が、にんまり笑ってしまう。

 はは、雅美、悪いな、しばらく、お前、オカズになりそうだ。
 うんうん、りっぱなオカズだな、これは。

 そう思いながら、秀人はご褒美だというように手を動かして、雅美を感じさせてやる。

 「キャン」

 何も知らない雅美は、その気持ち良さに溺れる。

 ああ、気持ち良い……こんなの初めて。

 「あン」

 雅美はカミナリの怖さから逃げる為に、秀人の行為にどっぷりと浸る。




「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く