冬の稲妻

ブラックベリィ

022★好奇心

 クスクス……なに、一発抜いちまえば、寝ちまうだろうな、雅美なら。

 「一発で、寝かしてやるから」

 既に、雅美に対して、性の意味で興味を持った秀人に理性は無かった。

 秀人の自信に満ちた言葉に、雅美は縋るようにしながら頷く。

 「うん」

 雅美は、カミナリ怖さに、秀人の胸にすりすりと頬を擦り付ける。
 その姿は、まるで子猫のような愛らしさがあった。

 秀人は、すりつく雅美の身体を少し離し、着ていた服を手慣れた手つきで、するっと脱がせてしまう。

 もちろん、下心を綺麗に隠し、しれっとした口調で言い訳しながらである。

 「じゃまなんだ
  俺は裸で寝る主義だから……」

 その言葉と行為に、雅美はどうしたらよいのかわかからず、オタオタするだけで何も言えない。

 「えっ、えっ?」

 雅美が焦っているのを良い事に、秀人は下着もさっさと脱がせてしまった。

 抵抗するという選択肢を選ぶ前に、雅美はすっぽんぽんの生まれたままの姿にされてしまった。

 くすっ………あの時も思ったけど、雅美の肌って色白の方だよなぁ………手触りも良いし…………。 

 「なぁ、雅美
  抱き合うのって

  人肌を感じられる方が
  安らぐと思わないか?」


「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く