冬の稲妻

ブラックベリィ

020★悪戯心が刺激されます


 でも、雅美に、誘われるってもイイよなぁー……。
 ちょっと…要求してみるか……。

 そして、いそいそと要求を口にする秀人だった。

 「じぁ~雅美
  俺にやってみぃ」

 秀人は、今度は雅美から口付けをもらう事にした。

 「うん………あっ…秀人君
  ちゃんと口を開けて………

  …えっとぉ……こう?

  こういう風にするの?」

 首を傾げる雅美に、秀人は笑って頷く。
 それに気分を行くした雅美は、秀人に何度もディープキスを繰り返す。

 秀人はそんな雅美が可愛くて、一回毎に自分もディープキスを返していた。

 雅美と秀人は、ベットの中でディープキスを繰り返して、楽しんでいた。

 はっきり言って危ない状況である。
 が、それに飽き足らず、秀人が、クスクス笑いながら優しくからかう。

 「銭湯であれだけ怖い目
  みたくせになぁ~……

  雅美、俺が怖くないのか?」

 雅美は、その言葉にぷっくりと頬を膨らませて言い返す。

 「秀人君は、別なの
  だから、もっとねっ」

 強気な発言をしたすぐ後に、雅美は不安そうな顔で尋ねる。

 「…………それとも
  秀人君、僕は………?」

 雅美の表情に秀人は、笑って軽く言う。

 「俺、平気なんだよな、実は」





「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く