冬の稲妻

ブラックベリィ

019★酒の影響が残っていたようだ


 秀人の質問に雅美は考え考え答える。

 「……んとねぇー……
  なんかさぁー……

  秀人君の舌がぁー…
  ぬめぬめして口の中で
  暴れるのぉ~……

  でも嫌じゃないんだ
  これが

  僕って変なのかなぁ?

  ねぇ~もう一回やってみてよ
  秀人君」

 はは……昨夜の酒が残っているな……ちっ……。
 この部屋には、酒は置いてないからなぁー……このまま…キスで寝かせるかぁ………。

 すっかり興味をもってしまった雅美に、秀人は、不味いかなと思いながらも、雅美の言葉(要求?おねだり?)に応える。

 「じゃあ、ちょっと
  口開けろ」

 秀人の言う通り、ほんの少し唇を開いて雅美は、秀人の舌を受け入れていく。

 わぁー、気色悪ぅー……………気色……あ……良い………。

 「あ、でも…気持ちイイ
  ……もっとぉ~……」

 秀人は、雅美のおねだりにちょっと呆れていた。

 恐怖を忘れる為に、お前。節操、捨てるかよ、雅美。
 でも、まっいっかぁ……。

 雅美と同じように、秀人も、昨夜の酒が残っていて、理性の働きが本人が思っているより、かなぁーり鈍くなっているようだった。

 だから、適当に女と付き合っては、ポイッと捨てている非道な男なのに、雅美には無自覚で惚れていた秀人は、雅美の望みは何でも叶えようとするのである。






「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く