冬の稲妻

ブラックベリィ

018★ちょっとした悪戯心から………


 「あぁ、気持ち良い
  ふわふわする」

 秀人の口付けを受けた雅美は、幸せそうに笑って秀人に縋りつく。
 そんな雅美を、秀人は優しく抱き締める。

 さぁ、これで寝れる筈だな。

 そう思って、秀人は眠ろうとする。
 が、しつこく鳴るカミナリのお陰で、雅美はすぐに正気に戻ってしまい、カミナリ怖さに秀人の口付けをねだる。

 「ねぇー、秀人君
  キスしてぇー
  キスしてぇー……

  ふぇ~ん…秀人君…
  ふわふわないと
  僕、怖い」

 「ったく、仕様がねぇーな」

 秀人は口では文句を言いながらも、雅美に口付けを軽く繰り返す。
 雅美は秀人の首に腕をからめて、可愛らしくおねだりを何度もする。

 「秀人君、寝ちゃ…いや
  もっとぉ~………」

 秀人は軽く口付けていたが、雅美のおねだりに、つい舌をからめてしまう。

 おいおい、ディープキスだぞ、これ
 ………大丈夫かな?

 「なぁに? 今のぉ」

 雅美は口付けの名残で、ぼうっとした表情で聞く。
 秀人は、そんな雅美に極当たり前の事だという顔で答える。

 「ディープキスだ」

 「うーん、これが
  ディープキスってのか
  ふーん」

 雅美が唇を触って感心しているので、秀人はお茶目心で感想を尋ねる。

 「どんな、感じがしたんだ
  うん?」





「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く