冬の稲妻

ブラックベリィ

017★ちょっと自棄?


 腕の中で項垂れる雅美に、秀人はちょっと溜め息を内心で付きつつも、優しい声で言う。

 「……じゃなくってな…………」

 その瞬間、再びカミナリがわりと近くに落ちたらしい音が響き渡った。
 雅美はミィーミィーと泣きながら、秀人にしがみついた。

 秀人が、震える雅美を抱き締めて、可哀想だと思っていたのは最初だけであった。

 こう何度も何度も泣きながら、掻き毟られるのにも飽きてきたなぁ…………。
 ああ、もう、うざったい。

 流石に、こう何度も叫ばれると、秀人しても面倒臭くなる。
 が、雅美が自分を見てくれないのはもっと嫌なので、ある方法を取る事にする。

 「雅美」

 柔らかな呼びかけに、はっとして反射的に小首を傾げながら応える。

 「うん?」

 「別のショックがあれば
  寝れるよな」

 秀人は、そう雅美に確認するように言う。

 「う、うん」

 雅美は秀人の言葉に、何が何だか解からないが、取り敢えず頷く。

 「うん」

 秀人は、眠りを促す為に、雅美の顎を取って軽い口付けをする。

 帰国子女の秀人にとってはどうってことないことなので、そういう意味での躊躇はなかった。



「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く