冬の稲妻

ブラックベリィ

016★再びカミナリ…幸せの時間は続かない


 雅美が身を乗り出すように不思議そうに尋ねても、秀人は珍しくはっきりとは答えない。

 「うん、ちょっと………
  ごめんな、言えない…」

 はぁー…流石になぁー…言ったら、雅美が離れちまうだろうし……内容が内容だもんなぁ……。

 困った顔をする秀人に、雅美は首を傾げつつも、それ以上は追求しない。

 「別にいいけど…………」

 そう言えば、秀人君って拳銃で撃たれた傷あったもんね。

 アメリカって……銃撃戦みたいなの? って、テレビよくやってるもんねぇー…………。

 でも、ちゃんと克服してるんだ。
 秀人君って凄いなぁ…………僕も、頑張るもん。

 雅美が、ぼんやりとしている間に秀人は、都合が悪くなった事もあって、毛布をかけ直して言う。

 「さっ、寝るぞ、雅美」

 「うん」

 秀人の言葉に雅美は秀人の腕を枕にして、そのまま幸せな気分で眠ろうとした…………が、そこにカミナリの音が。

 ゴォー……ゴロゴロ………ズゥズゥーン

 室内を稲光が照らし、雷鳴が鳴り響いたと同時に、雅美がビクッと身体を震わせて叫ぶ。

 「キャー………」

 次の瞬間、再び毛を逆立てた子猫と化して、バリバリッバリバリッと掻き毟る。

 「雅美」

 秀人に名前を呼ばれ、掻き毟ったことを非難されたと思った雅美は、シュンとして謝る。

 「あ、ごめんね」









「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く