冬の稲妻

ブラックベリィ

013★どうして、そこでタバコ?


 雅美の方は、秀人に抱き締められたのが嬉しくて、その胸に子猫のように、すりすりと頭をなすり付ける。

 擦り付ける胸があることに安心した雅美は、更に楽しそうに当時を思い出しながら言う。

 「うん、ヒロシ君って
  とっても優しいんだよ

  ただ、それで
  火が怖いっていうのはね

  ケダモンだっつて

  『俺はケダモノじゃない』ってね

  小学校四年生なのにね

  無理やりタバコを
  吸おうとしたんだよ」

 短絡思考なやつ…………つーか、そこで、なんでタバコを吸うになるんだか?

 まっ…雅美の幼馴染だからな………有る意味、似たり寄ったりの精神構造なのかもなぁ…………。

 雅美の言葉に、即座にそう思ったが、何のコメントも入れずに黙って頷き、話しの続きを聞く。

 「でね、先生に見付かってね……

  『先生が、お前
   そんな事しなくたって
  そのうち慣れるようになる』

  って言うの

  煙草を怒るんじゃなくてね

  やってる意味
  知ってるもんだから

  必死で宥めてたの」

 雅美の頭を撫でながら、秀人は頷く。


「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く