冬の稲妻

ブラックベリィ

011★幼馴染みの名前に不快を感じるのは………



 その言葉に、秀人は目を細める。

 なるほど、んじゃあ、怖がっても当然かな?
 ………つっても……いまいち、危機感ないから、わかんねぇーなぁ………。

 秀人は黙って雅美の言葉を聞きながら、その瞳に溜まった涙を拭いてやる。

 ………にしても、ヒロシ…か、俺達(ギドラ)にとっては、あまりいい名前じゃねぇーけど、そいつに感謝だな。

 雅美の口から出た名前に、内心で首を傾げるが、表情に出す事なく頷いてやる。

 「あれ以来ね、怖いの……
  前はね、綺麗な光だね

  って出来たのに
  今は怖いの………」

 「そっか、こわかったな」

 優しく頭を撫でられ、雅美はその安心できる掌の感触に、撫でられて嬉しい子猫のように瞳をうっとりと細めながら、言葉を続ける。

 「………ちなみにね

  ヒロシちゃんは
  僕を助ける為にね

  火傷やっちゃって以来ね

  『火が怖い』って

  突然言い出す時があるの

  でね、それ直す為にね

  『煙草の味覚えてやる』って

  無理やりライターいじってた
  時期あったんだけど………

  今、どうしてるかなぁ………」

 おいおい、どぉーして、そこで煙草なんだ?
 じゃなくて、それより、このまま雅美が大人しく眠ってくれればラッキーなんだけどなぁ…………。

 まっ雅美のことが一つ知れて嬉しいけど…………。
 でも、ちょっとムッとするのは、何故だ。





「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く