冬の稲妻

ブラックベリィ

009★怯えられる困るんです



 あーあ、雅美のやつ、正気なら絶対しない事をしてくれる。
 ふむ、あのトラウマより、カミナリの方が怖いか?雅美。

 幼さの滲む雅美に、秀人は内心でクスッと微笑いながら、優しい声で囁くように言う。

 「ほら、寝ろよ」

 雅美は秀人の声にほっとして、目を閉じようとするが、タイミング悪く(良く?)ゴロゴロと再びカミナリの音がする。

 次の瞬間、秀人の寝室をパッと照らす程の光をもって、暗い夜空を稲妻が駆け巡る。
 途端に、雅美き泣き叫ぶ。

 「キャー………イャァー…
  秀人君…こわいぃー………」

 一声叫ぶと雅美は、秀人にがっちりとしがみついた。
 その姿は、子犬というよりは、毛を逆立てた子猫だった。

 当然、無意識のうちに、爪を立てて思いっきり、ガリガリと引っかいていた。
 が、雅美も秀人もそんなことを気にしてはいなかった。

 秀人は、しっかと抱きつく、子猫のような雅美の背中をポンポンと叩きながら、思考をめぐらす。

 うーん、何か煩いなぁ…………どうしたら、カミナリでこんなに怖がれるんだ?
 なんか怖がる理由でもあるのかなぁ?

 「雅美、まだ、怖いか?」

 その質問に、雅美は涙を溜めてコクコクと頷く。

 泣く姿は可愛いけど…………でも、流石にここまで脅えてると………なんか、可哀想だなぁ…………。






「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く